2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2007年1月 »

2006年10月28日 (土)

マレーの人

マレーシアの人口は約2500万人、民族構成は、マレー系(イスラム教)65%、中国系(仏教・キリスト教)26%、インド系(ヒンドゥ教)8%と言われますが、これがペナン州になると、人口136万人(内、ペナン島は70万人)で、中国系60%、マレー系32%、インド系7%と、産業が集積しているペナンらしく、中国系とマレー系とで地位が逆転します。いずれにしても典型的な多民族国家で、それぞれの民族が、宗教、言語、衣装、食生活をはじめ、独自の文化や生活様式を守りながら共存しています。例えば、イスラム教が国教ですが、個人の信教の自由は保障されていますし、ここペナンの祝祭日を見ると、西洋暦のほかにイスラム暦と中国暦とで、三度も新年をお祝いします。それぞれの宗教にゆかりの祝祭日もあります。

こうした表面的な平和と一見安定した社会も、一歩踏み込んでみると、アヒルの水かきのような、水面下での努力があることが分かります。有名な1969年の民族暴動(5.13事件)は、民族間の経済格差に端を発したものと言われ、以後、民族の融和と国民統合を課題としつつ、実態は、マレー系の経済的・社会的立場の引き上げを通じて、民族間の不均衡を是正し社会の安定を図る「ブミ・プトラ政策」を実施し、マレー系をさまざまな局面で優遇してきました(ブミ・プトラというのは「土地の子」という意味で、マレー系を指します)。

実際に私の会社(日系製造業)では、ホワイトカラーは殆ど中国系が占めていますが、生産現場に行くと、髪にトゥドゥンと呼ばれるスカーフを被ったマレー系のオバサン達が、およそ生産革新とは縁もなさそうなほどに粛々と組立て・梱包をしていて、まさに複雑な民族事情を象徴していると言えます。また、ペナンに赴任した当初、自動車を購入して登録するため、日本の陸運局に相当する役所に行った時や、地元のガス会社にDepositを支払いに行った時など、マレー系の職員しかいないことに驚かされたものでした。警察官、郵便局もマレー系の職員ばかりで、英語が通じないことすらあります。そういうところの案内表示は基本的に全てマレー語なので立ち往生します。結局、実力ある中国人は民間企業で活躍し、そうではないマレー系の人々を公共機関が優先的に雇用しているということなのでしょう。

マレー系の人は、良くも悪くも、いい加減です。のんびりしていて、日本人のようにコセコセしていないと言えば聞こえはいいですが、私のような典型的な日本人は苛立つほど。自給できて、暮らしに困らないこの国のありようを反映したものでしょうか。トイレや雨漏りの修理に来ると言って、予定より1時間遅れて到着するのは朝飯前。知人の奥様(日本人)は、運転中に軽く接触されて、明らかに相手が悪いのに、”Never mind!”と言って立ち去られたのだとか。それは被害者が言うセリフだろうと思うのですが、マレー人が言ったら、なんとなくさもありなんと思えてしまうから不思議です。運転のマナーは・・・いつか稿をあらためてご説明しますが、東南アジアの中でマレーシアは日本人でもそれなりに安心して運転できる数少ない国の一つと言われますが、いい加減で、マナーの無さにイライラします。でも、概して人は好さそうです。

ある時、マンションの家主(中国系)と修理の費用負担をめぐって争っていた時、会社の人事担当のマレー人(彼は真のマレー系)に言われたことがあります。「中国系は(強欲で)奪うばかりなのに対して、マレー系は(お人好しで)与えるばかり。インド系は傍らでただ喋るばかり」だと。およそ(強欲な)家主の地位におさまるのは中国系(一部裕福なインド系)と相場が決まっていて、インド系は教師や会計士や弁護士と言った「センセイ」と呼ばれる商売で多く見かけます。本人がマレー人であることは割り引くにしても、言い得て妙と、はたと膝を打ち、いつもは対応が悪くて叱責する彼に対して、座布団一枚あげたい気分でした。同じ国に暮らす人たちと言えども、民族の壁は厚そうです。

2006年10月26日 (木)

ペナンのホリディ・シーズン

 マレーシアでは、先週末から5連休のホリディ・シーズンでした。

 土曜日はヒンドゥのDeepavali、この語源はサンスクリット語で”row of lights”、一般にThe Festival of Lights(光の祭典)と呼ばれています。光(=正義、Lord Krishna)の神様が闇(=悪、King Narakasura)の神様に勝って、地上に平和が満ちた神話に因んで、本来であれば石油ランプを灯して、友人・知人を訪ね合いながらお祝いする日で、タミール陰暦の7番目の月、通常10月か11月にあたります。ペナンでも、Little India界隈では、この一ヶ月間、街中を光で飾り立ててお祝いするそうですが、如何せん、街が狭くて駐車場も一杯と聞いただけで、出不精になってしまいました。明日か明後日、会社帰りに寄ってみようかな。月曜日はその振替休日でした。

 火・水曜日はHari Raya Puasaでした。マレー語のHari Rayaは祝日、Puasaは断食で、ラマダン(断食月=ヒジュラ暦9番目の月)が明けたことをお祝いする大祭、ムスリムにとって最も重要な日です。何故、断食をするのか? 我々日本人には理解しがたいものがありますが、持たざる者の苦境を思いやり、日々の恵みへの感謝を再認識し、禁欲と自制によって身を清め、ひいてはイスラム社会の結束を図る意味があると言われています。この断食の一ヶ月間は、日の出から日の入りまで、食事も、水すらも口にしません(但し病人や赤ん坊は別)。この間、煙草や性的関係も禁止されますし、嘘をついたり約束を破ったり騙したりするのもご法度。毎日、新聞に日の出・日の入りの時刻が書かれてあって、辛うじて夕方、ラジオやテレビやモスクのスピーカーから流れる合図とともに、先ずは用意してあった甘い飲み物を口にし、徐々に食事を喉に通します。夜に食事するので、かえって太ると言われているほどです。私の会社の工場でも、この間は皆さんお腹が空いて生産効率が落ちると言われます(本当ですよ!)。この断食明けは、ムスリムにとって、日本人のお正月のようなもので、人々は帰郷し、ハリラヤ・オープンハウスと言って、親戚や友人を家庭に招いてお祝いしたり、子供たちに緑色の袋のお年玉もどきを与えたりします。面白いのは、新月が最初の光を放ったところでラマダンが始まり、新月の確認をしてからラマダン明けを決めるので、実際に祝日がいつになるのか、ぎりぎりまで決まりません。月の観測結果を受けて、スルタン会議の事務最高責任者が宣言するのだそうです。なんとも、素敵な時間の流れ方ですね。

 マレーシアは多民族国家と言われるだけあって、いろいろなお祭りを祝います(主にムスリム、ヒンドゥ、中国・旧正月ですが)。特にイスラム教は、聖俗一体、生活が宗教そのものであるのを感じます。

2006年10月12日 (木)

ペナンの気候

徒然なるままに、毎回、テーマを決めて、ペナン生活を素描して行きます。記念すべき第一回目は、気候について。

年に二度ある雨季(6~7月頃と11~12月頃)を除いて、年間を通して一定して高温、所謂「常夏」ですが、意外に湿度は気になりません。日本の海沿いでは、洗濯物が潮風に晒されてべとつくとか、車がすぐに錆びると言われますが、車で一周するのに三時間もかからないような小さなペナン島では、不思議とそういう話は耳にしません。北緯5度だと言うのに、沖縄のように刺すような日差しとも違います。日中はまったりと暑い。でも木陰に入ると、日本の夏と違って凌ぎやすいくらい爽やかです。

四季がない生活は生まれて初めてですが、年中温暖というのは、良し悪し。日本にいれば、ちょっと肌寒いから上着を一枚重ねようとか、雨になりそうだから傘を持たなければと、全身を触覚にして気候や天候の変化を捉えようとしますが、こちらでは、いつもTシャツに半ズボン、雨と言ってもスコールは30分も待てば止みますし、濡れてもせいぜい駐車場から屋内に駆け込むまで。心なしかマレーの人たちは「変化」全般に対する反応が鈍いような気がします。これは人に限りません。鳩や野良犬だって、うっかりしていると車で轢きそうになります。確かに、日本と違って、台風(マレーシアのやや北で発生)や地震(火山帯が通っていない)などの天災も襲いませんし、あの津波もペナンまでは届きませんでした(海沿いのホテルの駐車場が浸水した程度と聞きました)。そういった穏やかな風土は、生存本能まで鈍くしてしまうのでしょうか。

でも根っからの日本人の私は、この季節には燃えるような紅葉が、冬には凍てつく寒さが、春には桜吹雪、初夏には萌えるような緑が、無性に恋しい。まるで枕草子の世界ですが、四季折々の日本の佇まいは、日本人には当たり前ですが、なくなって初めてこよなく愛していることを知り、自分が日本人であることを意識させられるのです。

トップページ | 2007年1月 »