2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ペナン・ブリッジ | トップページ | ペナンの運転マナーのこと »

2007年1月19日 (金)

ペナン・ブリッジ・マラソン

市民マラソン・ランナーと自称するにはオコガマシイほど練習嫌いで、レースがないとなかなか練習しないモノグサ者。北緯5度の常夏の国で走るなど無謀なこと、まさかそれが実現するとは、これも一つの成り行きなのでしょうか。2006年7月30日、ペナン・ブリッジ・マラソンに参加しました(と言っても、無茶できなくなった年齢を考慮して、ハーフの部)。さすがにスタートは早く、朝5時半。3時半には起床して家を出ました。以下、長くなりますが衝撃のドキュメンタリー!?「体当たり、ペナン・ブリッジ・マラソン」。

余裕をもって出かけたので、駐車場が見つけられないくらいは想定の範囲内。適当に路上駐車して、さて。。。? 集合場所に向かう参加者は皆、今にも走り出さんばかりの格好ではありませんか。通常、ゴール地点に集合して、手荷物を預けて、スタート地点に移動するというのが、モノグサではありますが、若い頃、アメリカの大会をいくつかハシゴして知ったマラソンの流儀でした。これがアジアなのかと、ちょっと嫌な予感を抱きつつ、僕は普段着のまま、着替えの鞄を抱えて、とにかく受付を済ませて聞いてみると、案の定、持ち物を預かるシステムにはなっていないことが判明。じゃあ荷物を置きに戻ろうとしたら、いったん入場した者は退場できないと言います。押し問答の末、判ったのは、受付でもらった、手首の黄緑のゴムバンドを持ち出すのがどうも問題だということ。受付の監督者らしい人にゼッケン番号を伝えて預かってもらうことにして、とにかく車まで引き返し、着替えてから、再び参加者の群れに潜り込みました。

前日、ゼッケンとともに貰ったレース案内は全てマレー語で書かれていたので、駐車場の場所から、荷物をゴール地点で預かるシステムの有無など、全く要領を得ていなかったのでした。念のため、道端に休んでいた中国系のおじさんグループに声をかけて、簡単に手順を再確認してみると、受付で貰った黄緑のゴムバンドと、折り返し点で貰うゴムバンドが、完走の証になるということが判明し、どうりで、受付の後の持ち出しがうるさかったわけかと、合点。

集合場所は広大なキャンパスなのに、黒山の人だかり。一体、どこから湧いてきたのか不思議なほどの今日の参加者は、なんと9000人。マレーシアという国柄、ペナンという土地柄で、ちょっと多過ぎやしないか? 後で新聞を見て知ったのですが、この大会は、Fun Runの大会とMarathon大会が合併したものらしく、記録と完走を目指すランナーばかりではなかったのでした。無理して走ろうとせず、歩く人がやたら多いのも頷けます。

皆が動き始めたので、私もその流れにつられて歩き始めます。スタート地点に辿り着いたのは5分遅れの5時35分。皆に合わせて、走り始めます。まだ夜明け前というのに、ちょっと走っただけで汗ばみます。いつもなら行ける所まで飛ばすところですが、この高温と多湿では消耗戦かと思い、この日ばかりは慎重に、抑え目に走ることにしました。とにかく、汗の量が、半端ではありません。5Km毎に給水所があって、最初の給水所で、早速、水をがぶ飲みし、顔の汗を流し、後頭部にぶっかけて冷やしました。

かつてサンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジを走った時もそうでしたが、橋の上だから、応援の人はなく(交通規制で、そもそも入れない)、物足りなさを感じつつ、走ります。物足りないのは、周りが野郎ばかりのせいでもあります。そう、女子の部のスタートは30分遅れの6時、男女別々といった仕組みも、なんとなくマレーシアらしいと言えましょうか(逆に、男女一緒なのがアメリカらしいのか?)。しかしその30分遅れの女子の部のトップに、早くも折り返し点の手前で追い抜かれてしまいました。軽快な足取りは、アフリカからの参加者のようでした。

かたやこちらは、だんだん足取りが重くなります。かつてボストン・マラソンの心臓破りの丘で、大また歩きのアメリカ人を、走って追い越せなくて、悔しい思いをしたものでしたが、さすがにアジア人の大また歩きには、負けることはありませんが、それでも、追い抜く人の数と追い抜かれる人の数は同じくらい。三度目の給水所のあと、ちょっとしたランナーズ・ハイの状態になって、暫く軽快に飛ばしましたが、15分ともちません。

周囲が明るくなり、水平線が見え始めました。走っている間は滅多に後ろを振り返ることはないのですが、この瞬間だけは振り返り、昇ってきた太陽を仰ぎ見ました。日々の当たり前の営みなのに、なんとなく有難いことのように思えて、不思議な感動を覚えます。生命を宿した卵の黄身のような、はたまた今にも血がしたたり落ちそうな、オレンジ色の太陽。。。

よれよれの状態で、ゴール。時計は8時過ぎ。何故か22.3Kmという中途半端なところもまたマレーシアらしい気がしますが(きっちり記録をトレースしている日本人からは文句が出そうですが)、二時間半もかかってしまいました。最後にフル・マラソンを走ったのは8年前でしたが、その時は後半のハーフでも2時間を切っていました。でも、単純な比較は意味をなしません。練習を続けなければ、エリート・ランナーだって人並みに衰えてしまいますし、その人の年齢、その時々の練習量、体調、天候、諸条件の中で、人それぞれに、完走できる身体に、あるいは世界最高記録を狙う身体に、職人のように自分を鍛え上げて行く、その時の自分の身体は、この一回きりの走りのためでしかないのが、マラソンです。まずは、完走できたことを祝福したい。腰痛とか膝痛に見舞われずに、幸運でした。

ゴールして、またちょっと驚かされました。

手渡されたCertificateを見ると、あなたは三時間以内で完走した、とあります。トップ10以外は、順位も記録もないようです(これまた記録をきっちりトレースしている日本人からは文句が出そうです)。かつてアメリカでは、ゴール地点のビデオ撮影でゼッケンを確認し、記録を計時してくれたのものでした。しかしそれでは、3万人も参加するNYシティマラソンのような大きな大会では、スタート地点を何箇所かに分けたとしても、スタート時間に5分以上の誤差が出ます。最近のトレンドは、個々人の靴紐にICチップを取り付け、スタート地点とゴール地点に敷いた特殊マットが感知して、個別に正確に計時するもの。でも、ここマレーシアでは、そんなこととは無縁のようです。完走のメダルは、ピューター製でしたが、これは間違いなくマレーシアらしい!

ゴールの後、身体は、甘いものと水分を要求するのですが、ゴール付近には何も無く、走り終えた人の流れについていくと、反対側のグラウンドに、ようやくスポンサーのテントが並んでいるのを見つけました。スタートの時は暗くて気がつかなかったのですが、こういう流れの悪いレイアウトもまた、細かな気配りの苦手な(気にしない)マレーシアらしいと言うべきでしょうか。

それはともかく、これ以上、走らなくても良いという解放感。この歳にして、この程度の練習でも、とにかく走りきったという達成感。まだまだ若い者には負けない・・・などとはつゆ思いませんが、自分の体力(生命力と言った方が良いかも)を信じたい思いがこみあげます。

一日経つと、膝がぎしぎし痛んで、股ズレで、階段の昇降に難渋しました。靴ズレで足の人差し指の爪がきりきり痛みます(フル・マラソンを走っていたら、数日後にはぽっかり抜け落ちていたことでしょう)。更に一晩明けると、腕、二の腕、肩、腹筋、背筋、太腿、全てが筋肉痛です(時差があり過ぎるのが情けないですが)。普段、如何にこれらの筋肉を使っていないか、こうした痛みは、体力が衰えた証ではありますが、でも同時にそれは生きている証でもあります。そう思いながら、走っている時の痛みが忘却の彼方に沈むにつれ、またどこかの大会を走りに行こうかと、性懲りもなく思う私でした。

かつてのアメリカ市民マラソン体験記はこちらです。「Kazu君のパパ」という昔の名前で出ています。

http://juko.hp.infoseek.co.jp/kazu.htm

« ペナン・ブリッジ | トップページ | ペナンの運転マナーのこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166178/4987835

この記事へのトラックバック一覧です: ペナン・ブリッジ・マラソン:

» 無利息 [無利息ローン比較]
無利息ローン比較サイトのご紹介です。 [続きを読む]

« ペナン・ブリッジ | トップページ | ペナンの運転マナーのこと »