2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Japan Technology | トップページ | ペナンのイタリアン・レストラン »

2007年3月22日 (木)

マレーシアの車の品定め

昨日の立場とはうって変わって、今日は一人の消費者として、車の独断的・体験的・比較論を通してJapan Qualityを考えたいと思います。

感覚的な話ですが、街行く車の6割は国産車(プロトン社と軽専業ペルドゥア社の二社)、日本車が2割強、それ以外の外車が2割弱といったところでしょうか。

一方の日本車は、高関税、高物品税のため、トヨタ・カローラ(1800CC)400万円、ホンダ・アコード(2000CC)は500万円もしますが、高くても品質が良く、ステータスになっていて庶民の憧れの的であり、高給取りの中国人や外国人御用達の感があります。マレーシアのバイク市場を事実上切り開いたと言われるホンダの人気が根強かったのですが、最近はトヨタ・VIOS(1500/1600CCクラス)の待ち時間の方がホンダ・CITYよりも長いといった具合で、日本車と言えばトヨタ・ホンダの独擅場と言って良いでしょう。日産は、Japan Qualityでありながら、トヨタ、ホンダに比べてやや割安なところが受けていますが、二社を脅かすまでには至っていません。そのほか、マレーシアには車検制度がないため、古い日本車が輸入されて、いつまでも走っているのを見かけます。

その中間のポジションにあるのが韓国車(KIANAZAHyundaiなど)で、品質は国産車よりも良く、値段は日本車よりも安いとあって、そこそこの人気があり、台数を伸ばしています。赴任当初の一時期、車を買うまで、15万キロ走ったオンボロのカンパニー・カーのKIAに乗っていました。なるほど、この歳になっても特に問題なく元気に走っていました、と言いたいところですが、間もなくブレーキの踏みシロが極端に深くなってブレーキが利かなくなりました。アメリカにいた頃、トヨタ・CAMRYを18万キロまで乗り潰つぶした経験からすると、品質面での彼我の差は小さくないように感じます。

その他外国車もそれなりにステータスが高く、ベンツやBMWは別格として、ボルボ、ルノー、アルファ・ロメオやGM・シボレーも見られますが、値段が決して安くないことと、サービス面で不利(修理拠点が少ない上、部品も入手難で時間がかかると言われる)なため、その中途半端さが敬遠されているような気がします。

結局、私が買ったのはトヨタ・COROLLAAltis、1800CC)で、三年落ち6万キロながら300万円もしました。決め手は、車社会のペナンにあって、一日往復1時間半から2時間も過ごさなければならない居住空間としての快適さでした(実のところ、トヨタ・HarrierとかCamryの中古の出物を探していたが見つからなかった)。そういう意味では、マレーシア国産車は、最近でこそ基本性能としてのエンジンは悪くはないようですが、所謂居住空間として見た時の「建て付け」の悪さ、といったものを感じます。すみずみまで目が行き届いている日本車の品質の面目躍如と言えましょうか。小さい話のようですが、これがブランド・イメージに大きく影響しているように思います。

先ずは国民車と言ってもよいプロトンは、三菱自動車の技術協力によって1985年に国産化に成功したマレーシアの星です。が、6年モノのプロトン・WAJA(ランサー・クラス)に乗せて貰った時、音楽も満足に聞けないほど走行時のエンジン音が騒々しく、品質はかなり落ちるようです(一説では故障率は日本車の三倍とか)。その知人は特にプラスチック成型部分の強度が弱くて故障が多いとボヤいていました。パワー・ウィンドウの故障も多いため、高速道路の料金所では窓を開けずにドアを開ける人が多いと言われのもプロトンで、冗談かと思っていたら、確かによく見かけるので驚きました。第二国産車のペルドゥアは、ダイハツの技術協力によって、ミラ・クラスの車を販売しています。股を開いてバイクに乗るのはどうも・・・というマレーの民族衣装を着た女性に受けるせいなのかどうか知りませんが、運転者の9割方はマレー女性が占めているような気がします。これら国産車は、マレーシアでは車が超高級品である中では格段に安いために人気があります(日本車の半値以下)。赴任した当初に借りたレンタカーは高級プロトンのPerdana(2000CC、エテルナ・ベース)で、このクラスともなると、エンジンは三菱のものをそのまま採用していたこともあり、また走行距離2万キロの旬の状態だったこともあり、快適でした。が、駐車場の縁石にちょっと乗り上げただけでバンパーが割れてしまい、やはり強度には問題があるように思います。その後、15万キロも走ったカンパニー・カーのPerdanaも運転しましたが、私が乗らなくなってから後部ドアが閉まらなくなったらしく(普通はドアロックの爪が折れて開かなくなることが多いような気がしますが)、ガムテープで止めていました。なんとも締まらない話!

« Japan Technology | トップページ | ペナンのイタリアン・レストラン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166178/5771233

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアの車の品定め:

» えっ!凄い・・・ [えっ!凄い・・・]
ある所にはあるんですね〜! [続きを読む]

» 名古屋 トヨペット [これいいよ]
友人の一人がこの春、転勤することに決まったらしい。 場所は名古屋の、トヨペットというグループ会社で車関係の仕事をすることになる。 トヨペットというだけに、当然トヨタの車だ。 [続きを読む]

» 豊胸の紹介サイトです [豊胸なら豊胸全館]
豊胸に関するかなり幅広い情報を最新で配信しています。是非一度遊びに来てくださいね。 [続きを読む]

» 豊胸の紹介サイトです [豊胸なら豊胸厳選情報]
豊胸に関するかなり幅広い情報を最新で配信しています。是非一度遊びに来てくださいね。 [続きを読む]

» ユーコーで査定させていただきます [ユーコーで査定させていただきます]
ユーコー 有限会社ユーコーは、宮城県仙台市青葉区に本社をおく中古車販売会社である。本社 宮城県仙台市青葉区小田原8-6-1 6丁目店 宮城県仙台市若林区六丁目宇柳掘南40 wikiから引用 [続きを読む]

» 中古車の販売かかわる問題定義 [中古車の販売かかわる問題定義]
問題定義 中古車では、交通事故で破損した自動車(事故車)を修理して販売する場合があるが、この事故を隠して販売した場合、その取引が問題視される。事故車の場合は事故によって目だった破損の他に、気付かれ難い欠陥がある場合があり、消費者がそれを知らずに使用していて、機械的な問題から事故を起こす危険が伴う事もあるためである。またニコイチ車、盗難車や水没車も経歴を隠してオークション市場に流れることもある。 ... [続きを読む]

» 10万円高く売るための買取術 [10万円高く売るための買取術]
10万円高く売るための買取術 トヨタのハイラックストラックなど走行距離20万キロ以上車が数十万円で取引されたり事故車が100万円以上で取引されることも珍しくありません。高く買い取ってもらうには車購入時以上に多くの見積りを取ることがポイントです。 車買取りとは買取りのみで契約することで下取りの場合は車購入時に買い取ってもらい差額を払うことです。 ... [続きを読む]

» 奥菜恵 ハリウッド出演が決まってもやっぱりお盛ん♪ [奥菜恵 ハリウッド出演が決まってもやっぱりお盛ん♪]
最近、女優・奥菜恵 (27)の周辺があわただしい。 [続きを読む]

» アルファ 145 (アルファロメオ アルファ 145) 総合情報 [選択飛成]
アルファ 145 (アルファロメオ アルファ 145) 総合情報 アルファ 145の車情報満載。アルファ 145のカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、アルファ 145オーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。 [続きを読む]

» 190クラス (メルセデス・ベンツ 190クラス) 総合情報 [選択飛成]
190クラス (メルセデス・ベンツ 190クラス) 総合情報 190クラスの車情報満載。190クラスのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、190クラスオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。 [続きを読む]

» MAX (ダイハツ MAX) 総合情報 [厳選500社の最新情報]
MAX (ダイハツ MAX) 総合情報 MAXの車情報満載。MAXのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、MAXオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。 http://blog.livedoor.jp/test1023/archive... [続きを読む]

« Japan Technology | トップページ | ペナンのイタリアン・レストラン »