2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

シンガポール対ペナン(続)

ペナン出身かどうか知りませんがマレーシア人と、シンガポール人のジャーナリストとの合作で、「マレーシア人とシンガポール人の違い(The Difference between Malaysians and Singaporeans)」という題名の、見開き絵入りで双方の特質を活写しているお茶らけた本があり、以下にその内容を抜粋して紹介します。これは私がペナンに来て初めて買った本でもあります。

例えば、国民が地図をどう認識しているかというよくあるテーマで、左頁に、マレーシア人が見るシンガポールと題して、大きなマレー半島の下にゴマ粒のようなシンガポールがくっついている地図が描かれてある一方、右頁に、シンガポール人が見るマレーシアと題して、地図をひっくり返して、大きなシンガポールの下にマレー半島がひっくり返って小さめに描かれている、といった具合いです。脚注があって、シンガポール人は自分たちが如何にちっぽけな島であるかを認識していないとする批判は的外れではなく、この島の政治家は、自分たちがSuperpowerではないことを時に国民に知らしめなければならない、と皮肉っています。また、マレーシア人はアジアの端はマレー半島のジョホールバルあたりだと思っているが、シンガポール人はセントーサ島の南にさらにへばりついている小さな島のビーチがアジアの果てだと主張している、とか。

またある見開き頁には、左にマレーシアを長期にわたってリードしたマハティール前首相の似顔絵が、右に同じく長期にわたってシンガポールをリードしたリー・クァン・ユー前首相の似顔絵が描かれていて、別れを告げるのは難しいとコメントしています。マハティールの場合、TVで生放送された引退表明で突然涙を流した時の表情が描かれている一方、リー・クァン・ユーの場合、仙人のいでたちで描かれていて、老いてなおSenior Ministerとして隠然たる勢力を保ち続ける姿を皮肉っているといった次第です。

シンガポール人のお気に入りのDish(料理)は海南チキンライスで、マレーシア人のお気に入りDishDishでも衛星放送受信アンテナで、若者たちがTVを見入っていて、まるで他に楽しみがないようなモノの言いです。マレーシア人はシンガポールに行って安いDVDプレーヤーを買い、シンガポール人はマレーシアに行って安い(海賊版)DVDを買う。マレー風の家(Kampun)はマレーシアではごく当たり前だが、シンガポールではそれが高層ビルの谷間でまるでテーマパークのよう。マレーシアにはバスに並ぶ人の行列ができて(貧しさを象徴)、シンガポールにはバスの行列が出来る(観光バスの渋滞を象徴)。

マレーシアの国教はイスラムであるのに対し、シンガポールの国教は4D(4桁の番号の宝くじ)だとして拝金主義を皮肉っています。マレーシアでは夕方6時には既に帰宅しているものだが、シンガポールでは夜8時でもオフィスにいる。マレーシア人はだいたい56歳で引退するが、シンガポール人は(生活費や養育費が高いために)62歳まで働く。

マレーシアにはティオマン島はじめ自然の美しさがいっぱいだが、シンガポールにはセントーサ島しかなく、マレーシア人のビーチ・ホリディと言えば、浜辺でのんびりくつろぐのに対し、シンガポール人だってビーチは好きだけど、マージャンに夢中になっている絵が描いてある。シンガポール人は中身が何であれ最新トレンドを追いかけるのが大好きなのに対して、マレーシア人は中身が何であれ(ギネスのような)記録好き(後ろ向きに最長2058段の階段を昇ったとか、あるショッピングモールで一日に1068人の人の髪をシャンプーしたとか・・・)。マレーシア人はシンガポール人の親戚を案内するのに、国策車プロトンで連れ回し、もてなしの心が篤いと(一応)褒めているのに対し、シンガポール人はマレーシア人の親戚を案内するのに、地下鉄やバスのカードを手渡すだけの絵が描かれていて、もてなしの心は(残念ながら)見えないと冷たく言い放っていたりします。

マレーシアでは何事も民族をもとに語られるが、シンガポールでは僅かに結婚と、TV局やラジオ局と、レジャーや昼食のお供と、一部の経営者の採用方針と、一部のタクシードライバーが乗客を選ぶ時のみ、民族が問題となる、とも。もっとも、シンガポールで、民族は問題ではなく、議論にもならないというのは公式の話であって、実は微妙な問題ではある、と脚注が付いています。

言葉で説明するのは絵で見るほどのインパクトがありませんし、言わずもがなのところもあって、このあたりで止めておきますが、ざっとこんな具合いに、マレーシアの素朴でのんびりした国情と、シンガポールの豊かだけれども世知辛い社会を対比しています。かつてマレーシア連邦に留まりたかったシンガポールを追い出したマレーシアですから、双方の人々の心の奥底で確執は絶えないことでしょう。因みに、この本の最後は、マレーシア人とシンガポール人の最大の違いは・・・実際には大したことはないのだと結んでいます。近いほどに違いを強調したがる、それも一面の真実には違いないのかも知れませんね。

2007年8月29日 (水)

シンガポール対ペナン

急遽、一泊だけシンガポールに出張して参りました。行く度に思うのですが、シンガポールは集積した大都会です。どこへ行くにも、地下鉄やタクシーで時間がかからないコンパクトな便利さ。余りに人工的にきれいな街並み。若い女性がやたら多く、颯爽と歩いている、元気が良い街。劇場やコンサートがあり、刺激に満ちた近代都市。アジアの頭脳を集め、競争に明け暮れる経済都市。ファッションでも新商品でも常にアジアをリードするショーケース。。。ペナンがどうしようもなく田舎に見えてしまいます。

国内線がない(当たり前ですけど)巨大なシンガポール・チャンギ国際空港から飛び立つシンガポール航空は、クアラルンプールとの間を結ぶマレーシア航空よりも大きくてゆったりとしています。一方の、降り立つペナン国際空港は、名前負けするほどのしけた田舎の空港。でも、ほんの束の間の海外生活ではあれ、これが私たち家族の住む街であり、やっと戻ってきたという安堵感を覚えます。街並みはお世辞にもきれいだとは言えません。モダンな高層マンションがあるかと思えば、薄汚い、かつての大英帝国の支配の名残りを漂わせる昔ながらの鄙びた街並みが続く、雑然さ。刺激も乏しく、どことはなしにのんびりとした、人柄の好さ。シンガポールとは全く異質な空間を醸し出していますが、いつの間にかペナン・シンパになってしまった、ペナン住民の私です。

2007年8月27日 (月)

バティク・続

今日はバティク絵画をご紹介します。モチーフは、人々の生活を切り取ったものから、花や魚(鯉)や、街の風景や、更には抽象画までさまざまです。Ht05i_03_2 最も有名なのは、Chuah Thean Teng氏でしょうか、バティク絵画のマスターと呼ばれています。93歳になった今も現役で絵を描き続けており、周囲に多大な影響を与え、彼の息子さんたちも同じ道を歩んでいます。

ほかにも大勢の画家がいますが、私のお気に入りは、Chuah Soo Beng氏。Art011_2 耳が聞こえないハンディがありますが、精力的に作品を生み出しています。右の写真は私が購入したものの一つ。パステル調が斬新で、色のグラデーションがなんとも美しい。

 下の写真は先日購入したもので、写真だと判り難いのですが、蝋が生み出したひび割れの具合いがなんとも神秘的です。

Art012

2007年8月26日 (日)

バティク

バティクについて調べていたところ、日本にもバティク作家がいらっしゃるのを見つけました。バティクの語源や歴史や技法については、中田ゆう子さんのサイトに詳しい(http://www.batik-yuko.com/)。

ロウケツ染めジャワ更紗のことをインドネシア語でバティクと言い、マレーシアにも入って来て独自の展開を遂げています。ご存知の通りロウケツ染めでは、蝋を載せたところは繊維がカバーされるため染料が染み込まず生地の色合いが残りますし、蝋にヒビが入って染料が染みると独特の味わいになります。女性用のドレスやスカーフ、ハンカチ、テーブルクロス、クッションなど、生活のいろいろな場面で利用されるだけでなく、芸術作品にまで高められ、バティク絵画として世界的に有名です。ペナンのバツー・フェリンギにもバティク工房があり、旅行者を連れて立ち寄る観光スポットになっています。以下はその写真です。20050819_033_2

先ずはバティク製品の紹介から。大人のドレスから子供服まで、いろいろなバティク製の衣服が売られています。

 以下の写真は、蝋で下絵を描いているところです。使われているのはチャンティンと言う道具で、過熱して溶かした蝋をすくって、先の細い管から流れ出る蝋で線を描いていきます。20060902_001

下のおじさんが使っているのはチャップという真鍮製のスタンプ版で、過熱した蝋を付着させ、布地にプレスしていきます。単調な模様を均一に描くことが出来ます。20070728_086_2

 このチャンプを間近に見ると、こんな感じ。いろいろな模様のいろいろな種類のものがあり、壁にぎっしり掛けられています。20050819_008 20060902_007

 こちらは色を載せているところ。蝋を載せたところには色が染み込みません。

20070728_084_2

 

 

 色を載せている途中の作品です。何度も蝋置きを繰り返しながら、色を重ねて行く、大変手間のかかる地道な作業が続きます。

20060902_005

 最後に作品をいくつかご覧下さい。色あいが見事で美しいですね。

20060902_003 20060902_004

20060902_009 20060902_010

20070728_083 20070728_085

20050819_002

2007年8月22日 (水)

馬来西亜

マレーシアは中国語では「馬来西亜」と書きます。かつて日本が占領したのはマラヤと呼ばれていた時代なので、日本語表記では「馬来」となるようです。略すと「馬」で、来日とか訪米と言うように、来馬、訪馬と書きます。

高校時代のことだから20年以上も前の話ですが、ユニークな社会科の先生がました。お歳を召されてはいましたが、ボケてるわけでもなかろうに、黒板一杯に書き終えるや否や、生徒が写し終えていようがいまいが、全部、消してしまって、え~っとか、お~っとか、生徒は抗議の叫び声をあげるのですが、お構いなし。また、外国の国名や地名は、全て漢字で書かれ、生徒が理解できようが出来まいが、これもお構いなし、教えてもくれない。初めて見たときは、インパクトありましたねえ(苦笑)。会話の中から辛うじて、これはあそこのことか・・・とかなんとか皆で想像するわけです。今ならさしずめ漢字検定のテストのようですが、亜米利加、英吉利、佛蘭西、独逸、伊太利、また巴里、倫敦、羅馬、伯林、桑港、紐育などは、当時、覚えた漢字です。全く、こういう下らないことだけは、しっかり記憶しているんですね。。。(ご存知とは思いますが、念のため、順にアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、パリ、ロンドン、ローマ、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク)

2007年8月20日 (月)

コモンウェルスって?

前回の続きで・・・国家記念日(独立記念日)の式典は、首都であるクアラルンプールでとり行われるのが通常ですが、1998年だけはペナンで行われました。その年は、英連邦競技会(Commonwealth Games、略してCG)がアジアで初めて、クアラルンプールで行われたためです。この競技会はさしずめ四年に一度のミニ・オリンピックといったところでしょうか。

さて、英連邦、Commonwealth(コモンウェルス)とは何でしょう? 日本とアメリカひと筋で生きて来た私は、不勉強にしてマレーシアに来るまで知りませんでした。

英語の正式名称はThe Commonwealth of Nations(または単にThe Commonwealthとも)と言い、大英帝国を前身とし、イギリス国王に対する共通の忠誠によって結ばれた、イギリスとかつての植民地諸国、現在はそれぞれが主権をもつ対等な独立国家の自由な連合体です。加盟53ヶ国(イギリスを含めると54ヶ国)、人口に換算すると17億人、なんと世界人口の3割を占める規模になります。英語を公用語かそれに準ずる言葉とし、加盟国間では、通常の国対国のような特命全権大使ではなく、高等弁務官 (High Commissioner)を外交使節長として交換しています。日本人にも馴染みがある加盟国としては、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アジアではマレーシア、シンガポール、ブルネイ、インドなど、アフリカではナイジェリア、南アフリカ、ケニア、ガーナ、モーリシャスなど。一方で、かつてイギリスの支配を受けながら参加していない国もあり、その筆頭がアメリカであり、またイスラエル、イラク、エジプト、クウェート等の中近東諸国です。

さて、CG(英連邦競技会)の存在が大きいことは、2006年にメルボルンで行われた同大会に71の国・地域から6000人もの選手が参加し、開会式はエリザベス女王がわざわざ出席して盛大にとり行われ、オーストラリアが16強入りした同年のワールドカップよりもオーストラリア人を熱狂させたと言われることからも窺われます。

実際に、英連邦競技会以外に、具体的にどのような会合や連携や繋がりがあるのか、知りません。仕事柄、Commonwealth Lawでは・・・と言った話をよく聞きますし、政治・行政・法律・教育制度などの点で共通するところが多いのは事実で、少なくともこれら諸国の間の文化的・精神的な繋がりは強そうです。イギリスが今でも世界の金融や情報の中心の一つであり、欧州大陸諸国とは一線を画して独自路線を歩んできたこと(国際政治における勢力均衡の考え方の中で、イギリスはバランサーと呼ばれて来ました)、更にはパレスチナ自治政府やイエメンやルワンダも加盟を希望していること等を併せ考えると、何やら我々日本人には窺い知れない世界があることは間違いありません。

2007年8月17日 (金)

国旗のはなし

街中で国旗掲揚が目立ちます。店頭にいくつも飾ったり、屋根に小旗を立てて走る車も多くなりました。ご存知の方も多いと思いますが、今月31日はマレーシアの国家記念日(独立記念日)で、今年は1957年の独立以来、50周年を迎えます。これを記念して、年初から50のイベントが各地で繰り広げられており、街には国旗だけでなく、50周年に託けてVisit Malaysiaと謳うキャンペーンのペナントもそこかしこにはためいています。Logo_english

昨年の国歌記念日イブには、カウントダウンのイベントや花火が打ち上げられるなどの祝賀行事があり、さらには暴走族のようにバイクに乗って大きな国旗を振り回す若者がいたりして、ちょっと驚かされたものでした。今年はどうでしょうか。

その国旗をめぐっては、単一民族の日本では、不幸な歴史があったとは言え、いまだに賛否両論あるのに対し、多民族国家アメリカでは、少数民族ですら自由と平等を象徴する国旗を尊重し、こと国旗に関する限り人々は纏まります。それはマレーシアでも同じように思います。少なくとも、国旗掲揚の時には起立し、国歌斉唱の時には斉唱するか沈黙し、どこの国の国歌や国旗であれ尊重するのは、国際社会では当たり前のマナーです。だからこそ韓国においてアメリカの国旗を焼き尽くすことが、尋常ならざる象徴的な事件たり得ます。オリンピックやワールドカップ以外で、国旗や国歌を素直に喜べない国民というのは、海外においては、なんだか不思議な気がします。

なお、マレーシアの国旗は、アメリカのそれに構造が似ています。赤・白・青の3色は、かつての宗主国であったイギリスの国旗の配色に由来し、赤と白の横線の数は独立当時の14州(1965年にシンガポールが独立してからは、13州と首都のクアラルンプール、アメリカの場合は独立当時の13州)を表すところは、同じです。異なるのはカントン(左上の小区画)で、黄色はサルタンの権威を表わし、月と星はイスラム教を象徴しているのだそうです(アメリカでは、これまで州が増えるたびに色い星の数と配置は変更され、現在の50の星の数と形は、ハワイが州に昇格した1960年に定まりました)。

Lag

2007年8月14日 (火)

ペナン・ブリッジのある風景

ほんの4日間だけですが、ペナンを離れて日本にいる間に、ペナン・ブリッジで強盗と警察の銃撃戦があったのだそうです。ペナン空港から自宅マンションに戻る間、いつものハイヤーの運転手が教えてくれました。強盗と言っても、ハンドバック三個を盗んだとのこと。銀行強盗とか、大掛かりな犯罪は余りペナンでは聞きません。

そんなペナン・ブリッジは、高速道路からは、こんな風に見えます。 20041016_013_4

コムターからは、こういう角度で見えます。

20060110_002

さらにペナン・ヒルから見ると、こうなります。

20060416_041

相変わらずシンプルな佇まいで、美しいシルエットを描きます。

2007年8月12日 (日)

KLIA(クアラルンプール国際空港)

火曜夜から夏休みを取って日本に戻り、今日(正確に言うと土曜夜)、一足先に帰国していた家族とともにペナンに戻って参りました。ペナンへは直行便がないので、クアラルンプールかシンガポールか、はたまたバンコクか香港等で乗継ぐ必要があり、通常、マレーシア航空を使う我々ペナン駐在員にとってクアラルンプール国際空港(略してKLIA)は一番馴染みの空港です。

今日は、おのぼりさんのように、KLIAの写真を撮って参りました。マレーシアの玄関口として、マレーシアの威信を背負った空港であり、国家としての決意をひしひしと感じるほどの壮大さです。20070811_002 20070811_013_2

20070811_022_2  免税店や高級ブランド・ショップが多いのは、シンガポールのチャンギ空港を意識してのことでしょうか。以下は二階から撮影した写真ですが、天井がなかなかユニークです。

20070811_010_2 20070811_011_2

20070811_012_3

 かつては大英帝国圏であったことを彷彿とさせるように、アメリカではついぞ見たことがなかった瀟洒なHarrodsの店もあります。20070811_018

 総括しますと、買物にはそこそこ便利かもしれません。かつてブランド・モノを買い漁った私もDunhillHermesDiorもあり、おっと目を惹く店揃えです。しかし、まともなレストランが殆どありません。特に日本への夜行便は11時半とか深夜近くであり、最後にちょっと美味しいものをと思ってはみても、バーガーキングやスタバだけではちょっと寂しい。改善が望まれます。

2007年8月 2日 (木)

ペナン:コムターのある風景

コムターと言えばペナンのランドマーク・タワーと言って、異議を唱える人はいないでしょう。60階建のオフィスビルで、1階、2階あたりは商業施設が入っていて、特に2階には水道代支払いを受付ける窓口や、駐車場代の超過料金支払いを受付ける窓口があるので、ペナン住民にはよく利用されていますが、それ以外はいまひとつ盛り上がりに欠けます。59階と60階はレストランで、昼間は展望台になり、360度に広がる眺めは、なかなかのものです。しかし、かつては5リンギッくらいで済んでいた入場料が、最近、値上がりして、お土産割引券まで含めて20リンギッほど支払わされることになり、魅力が半減しました。いずれにしても、ダウンタウンの中心部では他にこれといった高層ビルが見当たらないので、市街地のどこからでも拝むことができ、コムターを目指せば道に迷うことはありません。

20051226_031 20051226_004_2 いくつかコムターのある風景を紹介します。先ずは、ペナン・ヒルの麓にある極楽寺から見た映像です。ランドマーク・タワーであることが一目瞭然です。それはペナン・ヒルから見ても同じです。

ランカウィ島やパヤ島に行くフェリーから見ると、こうなります。20060501_002

 また、先日、ダウンタウンを周遊している時に撮影したスナップで、一つは観音寺から撮ったもの、もう一つセント・ジョージ教会から撮ったもの。ビルの狭間からのぞいています。20070728_081_kuan_yin_temple 20070728_075_st_georges_church

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »