2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

私の中の911

民族主義、ナショナリズムに触れたので、911のことにも寄り道しておきます。

今年も、ひっそりと9月11日が過ぎていきました。2001年のその日を境に世界が変わったという人がいましたが、国際社会の深層の変化に、平和ボケした典型的日本人の私はピンと来ませんでした。むしろその月末に、読売巨人軍の長島監督がユニフォームを脱いだことの方が、私の中では一つの時代が終わったことを実感させ、感慨深いものがありました。因みに私はその時、たまたまチケットを入手したという知人に誘われて、仕方なく付き合うことにしたのでしたが、消化試合のはずがいつの間にかプレミアム・チケットに変わって、仕方なくどころか小躍りして球場に足を運んだものでした。

閑話休題。911の時に、WTCに登ろうとしていた水泳のイアン・ソープがカメラを取りにホテルに戻って難を逃れた話は有名ですが、

続きを読む "私の中の911" »

2007年11月27日 (火)

マレーシアにも共産ゲリラ?

勿論、今となっては昔の話です。

極めて穏やかな国民性のマレーシアに、共産ゲリラがいたのか?今では俄かに信じ難いですが、先日、キャメロン・ハイランドを訪れる前に、関連サイトをあちらこちら渡り歩いている内に、キャメロン・ハイランドの歴史と題するある文章に出会いました。“There was of course the Emergency period during the 1960s which the rag tag communist army tried to destabilize and take over the country.” 1960年代と言えば冷戦たけなわ、アメリカがベトナムで泥沼の戦争に巻き込まれて行った時代です。

マレーシアにおける共産ゲリラの闘争は、第二次大戦に遡ります。

続きを読む "マレーシアにも共産ゲリラ?" »

2007年11月14日 (水)

民族主義

先日、総合商社の元インドネシア支社長だったという方とお話しする機会がありました。その際、仕事の話は別にして、海外で生活すると民族主義者になるという点で一致しました。ちょっと誤解を招きそうなモノの言いですが、ここで言う民族主義者とは、英語で言うところのナショナリストではなく、パトリオットの方の意味だろうと理解しています。

一般にナショナリストと言う場合、自国ばかり優れていると考え、他国に敬意を払わない排外的なニュアンスをもちますが、パトリオットは、郷土とそこに住む人を愛する素朴な郷土愛が原点で、両者は明確に区別されます。藤原正彦さんがその著書で、「愛国心」という言葉には、自国の国益だけを考える「ナショナリズム」と、自国の伝統や情緒を愛する「祖国愛」の二つの意味が含まれると指摘されていたのに符合します。

折りしも先月初め(10月9日)、ボリビアでチェ・ゲバラ処刑40年の追悼式典がありました。彼のことを共産主義ゲリラと思い込んで、長らく食わず嫌いでいたのですが、たまたま彼の伝記を手にして、大資本家(帝国主義)としてのアメリカに対抗するという点で、共産主義と関心(敵)が一致していたにすぎず、彼は本質的には民族主義者であったことに大いに感じ入りました。

丸山眞男さんによると、民族意識が文化的な段階から政治的な、従って「敵」を予想する意識と行動にまで高まったときに、ナショナリズムは初めて出現するものでそうで、ゲバラを衝き動かしたものはまさにこのナショナリズムに違いありませんが、(広い意味での)祖国の独立と発展を目指した素朴なものだったという意味ではパトリオティズムに近い。現に彼はカストロとともにキューバ革命を成し遂げたのにキューバ人でもなければ、最後に革命の地を求めたボリビア人でもない、アイルランド系の父とスペイン系の母を持つアルゼンチン生まれの革命家でした。

「ナショナリズム」と言えば、大衆を扇動する道具として使われた過去の歴史から、多くの日本人は警戒する言葉ですが、「偏狭な」という形容詞が付いた時に問題になるのであって、ゲバラの例をひくまでもなく、歴史のある段階では必然的に出現するものと思われます。日本人はいまだにそれを「郷土愛」としてのパトリオティズムに昇華し切れていません。2002年度に新学習指導要領が始まり「国を愛する心情」の育成が小学6年生・社会科における学年目標の一つに加わったことが話題になりましたし、WBCでのイチローの過剰な反応が記憶に新しいように、ネットで「愛国心」「ナショナリズム」を引けば、戦後民主教育と、その反動との間で、いまだに揺れ動いているのが分かります。パトリオティズムは、もとより国に強制されるものではなく、国民が拘りなく自然に抱いて欲しい感情ですが、いつになったら日本人はこのトラウマを克服できるのでしょうか。

2007年11月13日 (火)

ホテルよもやま話

シャングリ・ラ・ホテルと言えば、香港に本拠地を置く高級ホテル・チェーンですが、ジョージタウンにあるシャングリ・ラ・ホテルは、最近、トレーダーズ・ホテルに名前を変えました。これもシャングリ・ラ・ホテル・グループがもつブランドの一つには違いないのですが、ビジネス顧客を主要顧客層とするお手頃価格帯のホテルのことで、建屋が古くなったことによる、いわば格落ちと言えます。

マリオットと言えば、居酒屋から始まり、機内食や給食事業に成功して、やがて世界中にホテルを展開するに至ったアメリカの有名なホテル・チェーンです。日本では余り馴染みがないかも知れませんが、最近、ザ・リッツ・カールトンを傘下に収めたので、ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。私がアメリカに出張していた頃は、このマリオット・グループのホテルをよく利用したので分かるのですが、(リッツ・カールトンは別格にしても)先ずはマリオットやルネッサンスと言ったビジネス・レジャー両用の一流ホテルにはじまり、ラマダという中級ホテルや、ビジネス用でもやや広いスペースでお手頃価格のコートヤード、それよりやや安いフェアフィールド・イン、また長期滞在用に寝室とリビングが分かれたレジデンス・イン、タウンプレース・スィート、スプリングヒル・スィートなど、合計12ものホテル・ブランドを使い分けています。

先ほど触れたシャングリ・ラ・ホテルからトレーダーズ・ホテルへの格落ちは、ブランドを守るための防衛策と言えます。

さて、そのブランドと格式を重視するホテルですが、客の取り扱いに関しては意外にドライです。私の知人は、いつも宿泊しているペナンの五つ星ホテルで、つい先日、何の手違いかグループ客として取り扱われてしまいました。あてがわれた部屋は、いつもと違う低層階の眺めが悪い部屋で、TVはないし、シャンプー・リンスなどのアメニティーや、タオルの大・中・小も揃っておらず、冷蔵庫の中もスッカラカンだったそうです。知人が抗議したところ、ホテルの従業員は、グループ客の部屋だから・・・とついうっかり口を滑らせてしまったとか。五つ星ホテルにして、これです(中華系のせいか?)。全ての顧客に最上のサービスを・・・なんて殺し文句は、やはり相応の金を払っていることが前提なんですね。

2007年11月11日 (日)

イヴ

先日のディーパバリの前日はイヴで半休でした。

こちらの習慣としてイヴが半休になる祝日は四度あります。先月の断食明けのハリラヤ・プアサ(イスラム教)、今月のディーパバリ(ヒンドゥー教)、来月のクリスマス(キリスト教)、そして中国の旧正月(一応、仏教)といった具合いで、各宗教に配慮した形になっています。

最初の頃は、良く分からないで戸惑ったものですが、実質的に半休は全休に近く、上手く休みを利用して旅行を計画したいものです。

2007年11月 9日 (金)

ディーパバリ(Deepavali)

オーストラリアで随分道草を食ってしまいました。いつものブログに戻します。

今日はヒンドゥー教の光の祭典、ディーパバリ(Deepavali)のため祝日でした。ヒンドゥー暦の第7番目の月の始まりで、ヴィシュヌ神の化身である英雄クリシュナが悪神ナラガシュランを討ち取り、光が闇に、善が悪に勝利し、地上に平和が戻ったという神話にちなむものだそうです。インド本国ではディワリーと呼ばれて、さほど大きなお祭りではないようですが、マレーシアのヒンドゥー教徒にとっては最大のお祭りで、家中に小さなランプやロウソクなどの光を灯し、両親や親戚や知人を招いて、インドの伝統的なお菓子でもてなすのだそうです。同僚のインド人も、知人を30人(も!)呼ぶのだと言っていました。お菓子をお裾分けしてもらいましたが、なんだか蝦の味がするような不思議な饅頭だったり、砂糖をまぶした煎餅のようなものもありました。

リトル・インディアがライトアップされるのはもとより、普通のショッピング・モールでもライトを灯して、光の祭典を祝います。以下の写真は、毎度お馴染み、今日のガーニープラザ。私のマンションのエレベータもこんな具合いの飾り付けです。

20071108_001 20071108_008

20071108_012

2007年11月 8日 (木)

メルボルンからペナンへ

メルボルンを夜中に出て、バンコクに早朝に到着しました。ペナン便は夜7時と、この帰りのバンコクでも14時間もの待ち時間があり、トランジット・ホテルの部屋が手配されました。ホテル内や空港内だけで潰すには惜しいほどの時間ですが、週日なのでバンコク市街観光というわけには行かず、折しも街で業界の展示会をやっているというので、タイ担当セールスマンに案内して貰うつもりでいました。

先ずメルボルンの空港で、キャビン用スーツケースをチェックインするかしないかでひと悶着。7Kg以上の荷物は機内に持ち込めないのが「規則」なのだそうで、預けざるを得ませんでしたが、バンコクのトランジット・ホテルで着替えるつもりでいたので、荷物をバンコク止まりにしてもらいました。これが不運の始まり。

トランジット・ホテルは、飽くまで空港内に留まるものですが、荷物を受け取るにはタイの入国手続きを経て、いったん空港外に出なければなりません。空港を出入りするとなれば空港利用税がかかり、私の場合はトランジットなので、航空運賃に空港利用税が加算されておらず、700バーツ(2500円弱)と大した金額ではありませんが、自ら支払わなければなりません。何度も出たり入ったりするのは癪だと、とにかく荷物を拾って、ロビーでタイのセールスマンに連絡を取ろうとしたら、生憎出張で国外に出てしまったと言います。仕方なくいったん空港内のホテルに戻って一服しようと、搭乗手続きを始めることにしたら、再び、7Kg以上の荷物は機内に持ち込めないのが規則だと言われてしまいました。そこで着替えやら最低限の荷物を出そうとトイレに入ったところ、なんとスーツケースの鍵が壊れてしまって開かない。結局、荷物を拾うためだけのためにタイ入国手続きをして、荷物を開けることなく搭乗手続きとともに荷物をチェックインしました。搭乗の10時間以上前でしたが、タイ航空のお膝元なのでカウンターが終始開いていたのが不幸中の幸いと言えるかも知れません。

トランジット・ホテルの狭い部屋で、すっかり外出する気が失せてしまって、結局、メールをチェックしたり、空港内をぶらぶらして過ごしました。空港内にMango Treeというレストランがあって、アユタヤ・ビーフ・ヌードルが、ベトナムのビーフ・ヌードルに似て、あっさり味でなかなか美味かった。ちょっと欲求不満なときに、Duty Free Shopのような高級品に目移りするところで、時間をもて余すと、つい余計な出費をしてしまいます。やはり素直にダウンタウン探索しておけばよかったと、後悔することしきり。

トランジット・ホテルについていろいろ勉強させてもらった出張でした。

2007年11月 7日 (水)

シドニーからメルボルンへ

シドニーは、私が到着した10月最終日曜日からオーストラリア東部夏時間に入りました。国をあげて夏時間を採用しているわけではないところが、連邦制のオーストラリアのなんとも不思議なところです。因みに夏時間を採用しているのは、サウス・オーストラリア(中部夏時間)と、南東部の諸州(NSW、ビクトリア、首都特別地域、タスマニア)で、ウェスト・オーストラリアはここ三年ほど西部夏時間を試行中のようです。

シドニーは暖かかったのに、飛行機で一時間半南下しただけで、メルボルンに移ると、随分涼しくなり、夜は肌寒いほどでした。直線距離にすると700Kmほどの差が、なるほどそんなものかと不思議です。メルボルンの人によると、一日の内に四季が巡ると言われるほど、気温の変化が激しいのだそうです。鼻がむずむずするので風邪かと訝ったのですが、どうやらマレーシアでは過去2年半ご無沙汰していた花粉症のようでした。こういう面からも、シドニー、メルボルンが成熟した文明都市であるのを感じます。

メルボルンには、ほんの半日いただけですが(しかもダウンタウンに出たのは夕食時だけ)、トラムと呼ばれる路面電車が走り、シックな建物が多く、シドニーよりもヨーロッパに近い落ち着きを感じました。やや曇り勝ちのせいかも知れませんし、街の中心を流れるヤラ川が深緑に濁っていて、シドニーの港町の開放的な明るい青さと対照的だったせいかも知れません。産業に関しても、シドニーは銀行や商社が多いのに対し、メルボルンは製造業が多いのだそうで(トヨタの工場もある)、ちょっと地味な印象は拭えません。しかし文化と芸術の街、ファッションの街とも言われ、食文化もオーストラリア随一と聞くと、もっとゆっくり味わってみたい街です。

20071031_009_yarra_river

2007年11月 5日 (月)

シドニー

オーストラリアは、近くて遠い国です。地図を見れば、インドネシアと目と鼻の先にあるようですが、シドニー、メルボルンまで延々大陸を横断しなければなりません。シドニーの空港に降り立つと、図体が大きい人たちに囲まれて、アジアではなく欧米(の一部)に来たことを実感します。

知らない街を訪れる時は事前に地図で確認し、到着すると先ずは一番の高みに昇って地図を確認したくなる性分です。早朝だったのでホテルにチェックイン出来ず、荷物だけ預けて、先ずはシドニータワーに昇りました。港がすぐ傍に迫り、オペラハウスが手に取るように見えます。港と反対側は、遮る山がなく、遥か彼方まで悠然と地平線が広がり、この国の大きさを実感しました。

初夏のこの季節から1~2月にかけて、シドニーの街ではハエが異常発生するのだそうで、街を歩いているとすぐにたかられて、まさに五月蝿いのが、シドニーの華やいだ街の雰囲気に似合わず不思議です。それから、シドニーのウンタウンと言っても、ダーリン・ハーバー辺りから港まで歩いてもせいぜい30分くらいの小ぢんまりとした街だったのが意外でした。お洒落な店が軒を連ね、ぶらぶら歩くのは苦にならないのですが、最近のオーストラリア・ドル高で、物価が軒並み高めに映り、紀伊国屋の本も日本の倍の値段で、すごすごと手ぶらで店を出て来てしまいました。

食事は、折角だからと、ステーキが美味い店に連れて行ってもらいました。750gという特大Tボーンやアイ・フィレを楽しんで、一年分くらいの牛肉を食べてしまった印象です。ついでにカンガルーの肉も食べたのですが、脂身が少なく(こちらの人はシャープと言っていました、確かにソフトとは対極にある食感です)、健康には良いのかもしれませんが、クセのある味で、二度食べたいとは思いません。驚いたのは、オーストラリアには実にたくさんのビールがあることで、VBのような有名ビールだけでなく、クラウンや、カスケードというタスマニア特産のラガーも美味い。ワインも美味いし、食が進んでしまいますね。

どことなくゆったりしていて、女性も初夏の陽気に、マレーシアにはない大胆に肌を露出した装いで、大陸的な大らかさを感じる街です。

(写真は順にハーバー・ブリッジ、世界遺産に指定されたオペラ・ハウス、世界一美しいショッピング・モールと言われるクィーン・ビクトリア・ビルディング、ダーリン・ハーバー、そのハーバーにあるレストランNick'sのロブスター、そして最後は顧問弁護士を頼んでいる法律事務所のオフィスから見た景色ですが、羨ましいところにオフィスを構えていますね)

20071028_071_sydney_harbour_bridge 20071028_073_opera_house_2

20071028_100_queen_victoria_build_3

20071028_093_darling_harbour_2 20071030_002_nicks_4

20071029_010_from_deacons_4

2007年11月 1日 (木)

ペナンからシドニーへ

仕事でシドニーに行きました。

自宅を出てから到着するまで丸一日かかってしまいました。通常、ペナンからはKLやシンガポール経由、そこから飛行機に乗っている時間そのものは8時間ぐらいなのですが、普段からペナン~シドニー便は混むのに、一週間前に予約を入れてすんなり行くわけがありません。朝6時過ぎにアパートまで迎えのタクシーが来て、ペナンから北に上がってバンコクまで行き、9時間のトランジットの後、夜行便に乗って、早朝にシドニーに到着したという次第。

同じ航空会社(今回はタイ航空)のフライトで8時間以上の待ち時間がある場合には、航空会社が空港内のトランジット・ホテルの部屋を用意してくれます。これまではトランジットと言っても、シャトル便があるようなところばかりだったので、今回のように異常な待ち時間がある旅は初めてでした。

空港内をぶらぶらしていると、すりガラス越しに足裏マッサージを受けている人たちの、今にも寝入りそうな気持ち良さそうな顔が見えて、ついふらふらとアロマ・セラピーのマッサージを受けることにしました。油を塗りたくって全身の筋肉をほぐされて、特に肘から先を使って肩こりをぐりぐり絞られると、思わず奥歯を噛み締めるほどの痛みが走りましたが、お陰で全身リラックスし、肩もちょっと軽くなったようで、出来れば夜行便の前ではなく後に受けたかった。トランジット・ホテル内のマッサージ屋では一時間1500バーツのところ、ホテルを出てほんの1~2分のところにある空港内のそのマッサージ屋では1200バーツ(4000円強)。ペナンで受けたトラディショナルなタイ・マッサージは、力まかせにゴリゴリやられて一時間三千円弱でしたから、空港というショバ代がちょっと高めですが、乗り継ぎの時間潰しには最適です。私の知人のように、マッサージの後、寝入ってしまって、飛行機に乗り遅れることがないように・・・(以下の写真は、タイの空港のあるゲートですが、ガラスの扉の彫りモノが美しい)20071027_004_thai_airport

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »