2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

バリ島(5)神々の棲む島(下)

往復の機内やビーチ・サイドで読む本を・・・と思って、出発間際にあわてて掴んだ一冊は「反西洋思想」という新書で、この夏に日本に帰国した際に衝動買いしたまま積読していたものです。イスラム原理主義に見られるような、反米、反近代、反西洋の思想の系譜をたどり、その背後にある考え方や、その根深さ(歴史の古さ)を理解しようとするものでした。

Ubudのホテルで、オプショナル・ツアーを申し込みました。バリの伝統的な寺院や家などの建築物を見て回ることを希望したのですが、いざ出かけてみると、画家を自称するおじいさんが出てきて、おじいさんが住んでいるという(どう見ても観光用で今は住んでいないと思われる)古ぼけた家を案内してくれただけ。まだほかに何かあるだろうという期待もむなしく、ただそれだけ。バリでは、どの家にも寺(あるいは祠、各家ともバリの霊山であるアグン山の方角にあるらしい)があり、確かに家と寺を案内してもらったので、これを詐欺とは呼べないかも知れません。そして、おじいさんったら、おもむろに、その建築の背後にあるバリの伝統的な考え方を語り始めました。バリ語が入り混ざってよく分からなかったのですが・・・

続きを読む "バリ島(5)神々の棲む島(下)" »

バリ島(4)神々の棲む島(上)

旅から戻った後、職場の同僚にからかわれました。バリは、マレーシアと気候が似ているし、食事も似ているし、人々が穏やかなところも、言葉も似ているし、何か違ったところがあったか?と。こうしてみると違いは宗教くらいにしか見つけられないかも知れません。

インドネシアでは、イスラム教徒が国民の87%、プロテスタント6%、カトリック3%、ヒンズー2%、仏教1%、その他1%の割合だと言われます。圧倒的にイスラム教徒が多いのはマレーシア以上ですが、バリ島に限ると住民の93%がヒンズー教徒で、しかもバリ島古来のアニミズムと結びついた特色あふれるバリ・ヒンズー教で、独自の文化や伝統を育み、住民の生活に溶け込んでいます。

続きを読む "バリ島(4)神々の棲む島(上)" »

バリ島(3)食の楽しみ

何度も言うようですが、旅の楽しみはその土地の食を楽しむことにあると言っても過言ではありません。

続きを読む "バリ島(3)食の楽しみ" »

2007年12月28日 (金)

バリ島(2)Ubudという街

Ubudは空港から車で約一時間走った島の内陸部の、海抜500Mの渓谷にある村です。空港に降り立った時のむせ返るような熱気はいつの間にか消え、避暑地として人気の高原リゾートであるとともに、毎日どこかで伝統舞踊の公演が行われるほど、バリ文化の中心地として、また、神に捧げる寺院装飾として始まった絵画をはじめとする芸術の村として有名で、多くの画家が移り住み、我々も多くのギャラリーや美術館を楽しむことが出来ます。ダウンタウンにはスパやホテルやレストランや、お洒落なカフェやブティックや雑貨店が立ち並び、所謂商業地として華やぐ一方、街の雑踏を一歩離れると長閑な田園地帯が広がり、昔ながらの生活が息づいているのが驚異的ですらあります。

続きを読む "バリ島(2)Ubudという街" »

2007年12月26日 (水)

バリ島(1)ことはじめ

ハリラヤ・ハジとクリスマスの休暇を利用して、4泊5日でバリ島に行ってきました。

バリ島では、5年前と2年前に爆弾テロ事件があったのが記憶に新しい。外務省の海外安全ホームページでも「十分注意」(継続)のままで、オーストラリアの外務貿易省情報として、テロ攻撃が差し迫っている可能性がある旨警告しています。かかる情勢下で、以前から興味があっても、一人で行くならまだしも、家族旅行としては敬遠してきた話を、シンガポールやペナンの事情通に話すと、一笑に付されてしまいます。それなら・・・と、観光立国(島?)バリ島の意地に賭けてみたわけです。

続きを読む "バリ島(1)ことはじめ" »

2007年12月21日 (金)

マレーシアのガソリン価格事情

中国・インドなどの新興国での需要の高まりだけでなく、昨今はヘッジファンドを筆頭に投資マネーも流入し、原油(や穀物などの先物)価格が高騰しています。日本でもガソリン代ひいてはタクシー代や各種輸送費、更には石油を原料とする各種関連商品の値上げが話題で、世界的にインフレ懸念が高まっています。

マレーシアでも同様の動きはありますが、ガソリンに関する限り、政府が補助金を出して価格を統制しており、マレーシア国内どこに行っても均一料金で、レギュラー・リッター1.92リンギッ(約60円)と、日本ほか国際価格と比べて割安です。マレーシア国民の購買力が世界水準と比べてまだまだ弱い(物価が安い)証拠でもあります。

続きを読む "マレーシアのガソリン価格事情" »

2007年12月20日 (木)

味千ラーメン

先日、子供たちと、噂に聞いていた味千ラーメンを食べに行きました。ガーニープラザの地上階、Gホテルとの間の、すし金の並びにあります。熊本がオリジナルで、国内に108店舗、海外にはその倍以上の221店舗(米国、カナダ、オーストラリア、中国、香港、シンガポール、タイ、インドネシアなど、今年10月末現在)を展開している経営方針には、些か興味があります(同社ホームページhttp://www.aji1000.co.jp/)。

さて、肝心の味は・・・

続きを読む "味千ラーメン" »

ホリディ・シーズン再び

ローカルの学校は1月からの新学年に向けて既に11月半ばで年度末を迎え、インターナショナル・スクールでも今週から一学期末の休暇に入り、世間でも、明日木曜日はハリラヤ・ハジの祝日、来週月曜日はクリスマス・イブで半休、翌クリスマスの祝日と、ホリディ・シーズンに入りました。

続きを読む "ホリディ・シーズン再び" »

2007年12月19日 (水)

加哩魚頭(Fish Head Curry)・続

今日は、香港出身でシンガポール単身赴任中の同僚が出張でペナンに来ていて、ホテルまで送るついでに、ガーニー・ドライブ沿いのFish Head Curryを食べに行きました。屋台街の並びにある「レストラン77」という、以前から気になっていたところで、Famous Curry Fish Headと謳っている通り、ちょっと上品な盛り付けに、辛いには違いないのですが、まろやかさのある味わい深いカレーが美味しい。因みに77というのは番地で、写真手前はオープン・スペースですが、右手奥にはエアコン付き部屋があります。

それにしても魚の頭が大きいのにはいつも驚かされます。胴体の肉はどこに行ったのか?と冗談で話していたのですが、恐らく、以前は切り捨てられていただけであった魚の頭をタダ同然で買ってきて、暑いペナンで鮮魚の傷みを抑えるために(あるいは臭みを隠すために)カレーで味付けして売る人が現れて、それが受け入れられた・・・というのがそもそもの始まりなのだろうと想像されます。実際に、マレーシアやインドネシア料理では、魚は揚げる(Deep Fried)か香辛料を一杯効かせたカレー風味が多いのは、傷みを防ぐ工夫なのだろうと思われます。

日本人がカレーのネタとして思い浮かべるのは、ビーフかポークかチキンかマトンか、はたまた海鮮と名が付いても貝やイカがせいぜいで、魚というのはピン来ませんが、意外な取り合わせで、現地人の間でも根強い人気で、私的にもなかなかのヒットです。

20071218_001 20071218_002

2007年12月17日 (月)

加哩魚頭(Fish Head Curry)

現地の人たちに誘われるまま、日本からの出張者を連れてCurry Fish Headを食べに行きました。だいたい仕事上の知り合いと、晩飯でも・・・とか、酒でも飲みましょう・・・というのは、極めて日本的な習慣のようで、欧米だけでなくペナンの人だって家族との時間を大事にするので、食事するなら、昼がいいのです。

場所は、いつもの垢抜けたレストラン街とは逆方向の、地元の人が集まるごく普通の屋台ですが、Fish Head Curry(中国語では加哩魚頭)は予約しなければならないほどの人気なのだとか。魚の頭を、トマトや玉ねぎやオクラやチリ(唐辛子)や豆腐とともにカレーで煮込んだもので、ドンと中央に鍋が置かれ、皆でつついて、猫マンマにして食べます。唐辛子の辛さが強いのですが、さまざまな香辛料や独特の味付けで、ちょっとクセになりそうです。

20071212_001 20071212_002 20071212_006

2007年12月11日 (火)

朝日

暫くご無沙汰してしまいました。雨季に入り、雨が多いですが、一日中降り続くというわけでもなく、比較的凌ぎやすい日が続いています。朝、島側からペナン・ブリッジを渡るとき、朝日がちょうど真正面に位置し、サングラスがないと運転しづらい季節になりました。気候変動に乏しいペナンですが、辛うじて朝日の位置で、確実に季節が巡っていることが分かります。

さて、朝日を清々しく思い、手を合わせたくなるのが日本人の性ですが、イスラム社会では、どうやらそういうことは無さそうです。

続きを読む "朝日" »

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »