2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

当て逃げ

シドニーに暫く出張している間に、ペナンでは家内が車の当て逃げに遭っていました。とりたてて大きなことではないので、出張中は話してくれませんでした。

続きを読む "当て逃げ" »

2008年5月14日 (水)

アメリカのパワーの源泉

多民族社会の話が出たついでに・・・その中でも卓越したアメリカのパワーを担保するものは、国際公用語の英語と、国際基軸通貨ドルのほかに、教育制度だと言う人がいます。

教育制度と言っても、6・3・3制のようなことを言っているのではありません。

続きを読む "アメリカのパワーの源泉" »

2008年5月13日 (火)

ミャンマーのサイクロン被害(下)

かつて国連事務総長をつとめたミャンマー人ウ・タント氏(任期1961~71年)の孫で、歴史学者のタン・ミン・ウ氏は、「ミャンマー情勢は急変すると、イラク型の大混乱に陥る可能性がある」と警告しています。単純にスー・チー女史が民主主義の原則からミャンマー政権をとる資格があるとは言っても、軍を政権から遠ざけると、ミャンマーは内戦状態に陥る危険を孕んでいるというのです。

続きを読む "ミャンマーのサイクロン被害(下)" »

2008年5月12日 (月)

ミャンマーのサイクロン被害(中)

ミャンマーは、私が学生の頃まではビルマとして知られ、1989年に軍事政権によりミャンマー連邦と改称されましたが、アウン・サン・スーチー女史など軍事政権を否定する側だけでなく、ここオーストラリアや英・米政府は依然「Burma」と呼んでいます(EUは「Burma」と「Myanmar」を併記)。

私にとっては、ペナンのジョージタウンにビルマ寺院やビルマ通り(Burma Road)があることと、会社の近所の韓国料理レストランにビルマ人の若者が勤めている(出稼ぎ?)こともあって、なんとなく親しみがある気でいますが、実はよく知らないので、あらためてミャンマーという国について調べてみました。

続きを読む "ミャンマーのサイクロン被害(中)" »

2008年5月11日 (日)

ミャンマーのサイクロン被害(上)

今月2~3日にかけて、ミャンマー南部を襲ったサイクロンNargisによる被害で、死者・行方不明者が併せて6万人を越え、最終的に死者は20万人を越えると見る向きもあり、サイクロン被害で過去最大だった91年のバングラディシュの死者14万人を超える規模である可能性も出てきました。こうした状況下で、ご承知の通り、軍政は支援物資は受け入れるも、支援者の受け入れは頑なに拒否し続けているところが、人道支援を申し出ている関係諸国・諸団体のフラストレーションを煽っています。

続きを読む "ミャンマーのサイクロン被害(上)" »

2008年5月10日 (土)

シドニーにて:オペラハウスとハーバーブリッジ

朝のThe Sydney Morning Heraldによると、最低気温12度、最高気温22度、晴れの散歩日和予報(と言っているのは私だけ)だったので、Milsons Pointまで電車で行って、違う角度からオペラ・ハウスを眺めて来ました。

続きを読む "シドニーにて:オペラハウスとハーバーブリッジ" »

2008年5月 8日 (木)

サラダボール(下)

多民族社会は、社会の活力や自由経済のもとでの競争力という観点からは、その強さは広く知られるところですが(世界中から頭脳を集められるアメリカは特にそうですね)、一皮むけば、モザイク社会ゆえの社会運営の難しさもあります。

続きを読む "サラダボール(下)" »

サラダボール(上)

日本は単一民族ですが、世界のどの国より多文化社会だと言う人がいました。

かつてアメリカ(特に典型的なニューヨーク)は、世界中から移民を受け入れ、民族の坩堝、メルティング・ポットと言われたものでした。しかし、実態は、いろいろな民族が渾然一体となって融合するのではなく、むしろそれぞれの素材はそれぞれの形を保ちながら共存しているだけだから、サラダ・ボールだと言われるようになりました。実際に、アメリカと言う場合、 “文化”的側面では例えばハリウッドなどのように限定的で、専ら“文明”的な文脈で語られることが多い。

続きを読む "サラダボール(上)" »

2008年5月 6日 (火)

シドニーにて:ケン・ドーン

週末にロックスのあたりをうろうろしていたら、ケン・ドーンのギャラリーを見つけました。日本でもかつて話題になったことがありましたが、所謂ヘタウマですね。

続きを読む "シドニーにて:ケン・ドーン" »

2008年5月 5日 (月)

シドニーにて:青い空

シドニーと言えば、青い空の写真が印象的ですが、こうしてこちらに短期で滞在していても、いつも抜けるような青空があるような気がします。人口密度が極端に小さく(この国土にして、マレーシアの人口よりも少ないのです)、周囲の海まで含めると、このあたりは特に空気が澄んでいるのだろうと想像されます。少なくとも中国の大都市がどんより曇っているのに比べれば、数段、いや数十段、空気が澄んでいるのは間違いありません。

それだけ紫外線が強いようで、皮膚癌率も世界一なのだとか。白人は肌も目も弱いようですが、我々黄色人種だって、こういう歳なればこそお肌のケアにはくれぐれも気をつけないと・・・

20080503_056

2008年5月 4日 (日)

シドニーにて:ハーバーブリッジ

昨日、ハーバー・ブリッジの上を散歩してきました。

ハーバー・ブリッジと言えば、1923年着工、1932年完成と言いますから、かれこれ76年の歴史があり、シングル・アーチ橋としては世界第二位の規模を誇るそうです。全長1500M、支柱(バイロン)の間は500M(二本の支柱が橋を三等分していることになります)、橋の上を複線の電車と8車線の車道が走り、東端(オペラハウスが見える側)に歩道が、西端に自転車道があります。

続きを読む "シドニーにて:ハーバーブリッジ" »

2008年5月 2日 (金)

シドニーにて:ファーストフード2

必ずしもファーストフードというわけでもないのですが、一人で外食する時は、大衆食堂風のレストランに駆け込みます。なにしろここはまがりなりにも欧米社会であり、そこそこのレストランは大抵二人かそれ以上でディナーを楽しむのが流儀であり、とても一人で入れる雰囲気ではありません。

続きを読む "シドニーにて:ファーストフード2" »

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »