2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミャンマーのサイクロン被害(上) | トップページ | ミャンマーのサイクロン被害(下) »

2008年5月12日 (月)

ミャンマーのサイクロン被害(中)

ミャンマーは、私が学生の頃まではビルマとして知られ、1989年に軍事政権によりミャンマー連邦と改称されましたが、アウン・サン・スーチー女史など軍事政権を否定する側だけでなく、ここオーストラリアや英・米政府は依然「Burma」と呼んでいます(EUは「Burma」と「Myanmar」を併記)。

私にとっては、ペナンのジョージタウンにビルマ寺院やビルマ通り(Burma Road)があることと、会社の近所の韓国料理レストランにビルマ人の若者が勤めている(出稼ぎ?)こともあって、なんとなく親しみがある気でいますが、実はよく知らないので、あらためてミャンマーという国について調べてみました。

ビルマかミャンマーかという呼称については、Wikipediaによると、ビルマ語で「Myanmar(ミャンマー)」も、英語の「Burma(バーマ)」の由来となった「バマー」も同じ意味の言葉であり、前者が文語的、後者が口語的に使用されることが多いという違いがあるだけで、国民は特に意識することなく併用しており、いわば「にっぽん」と「にほん」の違いのようなもの、正式名称としては、独立以来ずっと文語的な「ミャンマー」を使用しているので、1989年の英語表記変更によって内外の呼称が統一化されたと言われます。しかし、ビルマという国名は人口の7割を占めるビルマ族を想起させ、少数民族の存在を無視した印象があるので、少数民族をなだめる目的でミャンマーに国名を変え、ビルマ族から抑圧されているという少数民族の反感を緩和しようとしたのが実態のようです。日本の面積の約1.8倍の土地に5300万人強が住む農業国で、9割が仏教徒の国です。ビルマ語の基本的な語順は「主語+目的語+動詞」で、東南アジアの主要言語の中では唯一、日本語と同じ骨格をもつというのを初めて知りました。

歴史を辿ると、長らくビルマ王朝が続いた後、1886年にイギリス領インドに併合されてその一州となり、1937年にはインドから独立してイギリス連邦内の自治領になりました。第二次大戦中は日本軍と共に戦った歴史もありますが、結局、イギリス領となり、ようやく1948年、イギリス連邦を離脱してビルマ連邦として独立しました。

その後、1962年にネ・ウィン将軍が軍事クーデターを起こして軍事独裁体制を築きましたが、閉鎖的な社会主義経済政策を実施した結果、経済活動の停滞、対外債務の累積などの経済的困難を招き、1987年には国連によって「後発開発途上国」(LLDC)の認定を受け、今日に至っています。

現政権は、1988年の全国的な民主化要求デモを軍事クーデターにより鎮圧し、全権を掌握しました(この後すぐ、日本も政府承認を行っています)が、1990年の総選挙では、スー・チー女史率いる国民民主連盟が圧勝したにも関わらず、民政移管のためには堅固な憲法が必要であるとして政権移譲を行いませんでした。総選挙以降、政府側はスー・チー女史を自宅軟禁する一方、同女史は政府を激しく非難するなど、両者の対立が続いているのはよく知られている通りです。軍事クーデター後、ビルマ援助国の大部分が経済援助を凍結した為、現政権は社会主義政策を放棄し経済開放政策を推進していますが、ミャンマーにおける工業化は、天然資源開発中心、国有企業主導型の工業開発によるものであり、環境破壊を招いている上、強制労働・強制移住などの人権侵害が行われているという事実もあります。更に2003年5月のスー・チー女史の再度の拘束を受け、米国が対ミャンマー制裁法を制定し、ミャンマー製品の輸入禁止と送金禁止を決定した上、2004年10月にはEUがミャンマーの民主化状況に進展がられないとして、ミャンマー国営企業への借款禁止等を含む制裁措置を強化するなど、ミャンマー経済は、政治的要因により離陸の機会を失っています。

« ミャンマーのサイクロン被害(上) | トップページ | ミャンマーのサイクロン被害(下) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166178/20915493

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーのサイクロン被害(中):

« ミャンマーのサイクロン被害(上) | トップページ | ミャンマーのサイクロン被害(下) »