2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

マラッカ海峡

マラッカ海峡は、インドネシアのスマトラ島とマレー半島を隔てる約1000キロの海峡で、ペナン島はその北の入り口あたりに位置します。インドと中国を結ぶ最短航路であり、ご存知の通り日本の貿易を支える大動脈です。英国ロンドンの保険組合ロイズによると、マラッカ海峡を通過する商船は年間7万隻にのぼり、世界の海上輸送物の5分の1、原油輸送量の3分の1がマラッカ海峡を経由すると言います。

ここは地理的条件が厳しく航行の安全を確保するのが難しいところでもあります。

続きを読む "マラッカ海峡" »

2008年6月28日 (土)

四川省地震に思う

日本では大騒ぎの中国・四川省地震に、ペナンの風として触れて来なかったのは、多少、中国に対して苦手意識(単に知識が乏しいだけですが)があったのは事実ですが、基本的には東南アジアを本拠地とする地元意識のなせるワザでした。

それにしても身につまされたのは、NHK衛星のニュースと日経新聞を基にしているだけですが、ミャンマーのサイクロン被害と四川省地震の、日本における報道の格差でした。

続きを読む "四川省地震に思う" »

2008年6月27日 (金)

マレーシアのガソリン価格(その後)

既にご承知の通り、マレーシアでも遅まきながらガソリン価格が今月5日午前0時から値上がりしました。

ちょうどシドニーに出張していた時で、同じくペナンから出張で来ていた同僚が、ある夕食の場で、こそこそ携帯で電話しているので、どうしたのか尋ねたら、ガソリン価格が上がるので、ペナンにいる親に連絡を取って、車のガソリンを満タンにするよう勧めていたのだとか。そりゃ携帯電話代の方が高くつくのではと一同苦笑い。

続きを読む "マレーシアのガソリン価格(その後)" »

2008年6月26日 (木)

優良ドライバー・続

さて、昨日の続きですが、運転マナーにおいて、シドニーとペナンを分けているものは何か? 実は運転マナーに限らず、全てにおいて、その民族性の基礎を支えるものの一つに、「執行力」の差があるように思うのです。

学生時代、国際連合が機能しない最大の理由の一つとして、執行力の欠如が挙げられていたのを思い出します。執行力=警察権と置き換えても構いません。国際社会は主権国家から構成されますが、国際社会自体に主権(世界政府)はありません。そこが国際連合の弱点だと言われて来ました。

続きを読む "優良ドライバー・続" »

2008年6月25日 (水)

優良ドライバー

シドニーに出張している間に、すっかり優良ドライバーに戻っていました(別に自慢しているわけではありません)。

シドニーで驚いたのは、横断歩道で歩行者が渡ろうとしていると、あるいは信号が黄色になると、車は急ブレーキをものともせずに止まろうとする、ごく当たり前の事実でした(信号機にはカメラが設置されているとも聞きます)。しかしペナンでは、そもそも横断歩道が少ないこともありますが、歩行者がいようがお構いなし、黄信号も、日本の三倍くらい長いので、長嶋さんの引退演説で、体力の限界に言及したところで絶叫した関西弁のおっちゃんよろしく、「まだいける、まだいける」と、走り抜けようとします(この関西弁のイントネーションは文章では伝えられません)。

ペナンでは何故かくも運転マナーが悪いのか?

続きを読む "優良ドライバー" »

2008年6月23日 (月)

通り雨

ペナンのスコールは、日本で言えば、さしずめ「通り雨」(驟雨とも言います)のようなもの。でも日本の場合は、京都のうだるような夏の夕方、通り雨が過ぎ去って、再び蜩(ヒグラシ)の声が鳴き始めると、ちょっと凌ぎやすくなるような、そこはかとない風情がありますが、ペナンでは、アメリカ的にサンダー・ストームと言った方がしっくり来るほど、バケツをひっくり返したような雨が怒涛の如く降りしきり、いつの間にかまたカラッと晴れ渡る、マレー人のような激しい忘れっぽさがあります。

続きを読む "通り雨" »

2008年6月15日 (日)

シドニーにて:シティというところ

シドニーのダウンタウンのことを当地ではシティと呼び習わします。また不動産情報その他では中心街をCBD Central Business District)と呼ぶこともあります。それぞれカバレッジがどう違うのか私にはまだ分かりません。

初めて訪れた時、アジアの街と比べてしまったせいか、きれいな街だという第一印象を抱きました。南の端のチャイナタウンから、北の端のオペラ・ハウスまで、歩いて30分ですから、それほど大きいわけではありません。古い格調高い建物と近代的で機能的な建物が混在した大都会・・・でありながら、港が控えている気安さからか、ビーチサンダルで歩き回る開放感に溢れた港町。先進国の中でも物価が相対的に安くて住み易いという先入観を抱いていましたが、近年の物価の上昇は、セカンド・ライフをシドニーで・・・といった庶民の夢を打ち砕いてしまいました。

第一印象と同じく、シドニー紀行の最後も、やはり美しい街という印象で締めくくりたいと思います。ハーバー・ブリッジとオペラ・ハウスの二大観光資源を抱える限り、シドニーの街は、如何に物価があがろうとも人々を惹き付けてやまないことでしょう。

続きを読む "シドニーにて:シティというところ" »

2008年6月14日 (土)

シドニーにて:Coogeeというところ

シティでも、Coogeeの街でも、シドニーでは、レストランの外(歩道)に机と椅子を並べて、飲んで食べて喋りまくって、のんびり楽しい時間を過ごす人が多いようです。このあたりはヨーロッパ文化の影響でしょうか。私のような日本人からすると、通りがかりの人からじろじろ見られて恥ずかしくないのか、車が行き交って空気がきれいじゃないだろうに、などと思うのは余計なお世話で、こちらの人はお構いなし。

ちょっと驚いたのは、ガソリンスタンドで、アメリカではクレジット・カードを挿入するところから始まりますし、マレーシアでも最近はクレジット・カードを挿入できる機械が増えてきましたが、そうでない場合は、何リンギット分と先払いが原則ですが、ここCoogeeでは、ガソリンを入れてからの後払いです。そのまま逃げてしまえばそれまでなのに・・・と、人の好さに、ちょっとホッとする部分もあります。

以下、ここ三週間滞在したCoogeeの写真をアップします。

20080607_004 20080607_006

20080607_011_2

20080607_028

2008年6月12日 (木)

シドニーにて:Turn Left

シドニーの交差点ではたまに「Turn Left at Any Time with Care」という標識を見かけます。信号が赤でも注意すれば左折してもよいという意味で、こうしたケースでは、たいてい直進の車線とは別に左折用の専用車線が内側に設けられています。日本では、左折は直進と同じ扱いで、原則、青信号の時にみ可能ですが、オーストラリアの場合は、状況に応じて柔軟に対応していると言えます。

続きを読む "シドニーにて:Turn Left" »

シドニーにて:BYO

シドニーのレストランの店頭では、“BYO”という言葉をよく見かけます。“Bring Your Own Alcohol)”の略です。そのレストランでは酒類取り扱いのライセンスがないために、アルコールを提供することが出来ず、止むなく客自身の持込みを容認するものです。持込料は無料にしているところが多いですが、たまに1ドルとか2ドル取られることもあります。アルコール以外の通常の清涼飲料は持ち込み対象外で、その店で注文しなければなりません(通常、レストランにとって、飲み物は利益率が高いはずですから)。

続きを読む "シドニーにて:BYO" »

2008年6月11日 (水)

英語は難しい

「今度どこに出張するの?」「シドニー」と日本的に「ド」を入れて平板に発音したら、なかなか理解してもらえません。「ド」は聞こえないぐらいに、「ス」にアクセントを置いて勢い良く、スィッ(ド)ニーと、勢い良くしっかり発音した方がよさそうです。

続きを読む "英語は難しい" »

2008年6月10日 (火)

シドニーにて:オーストラリア産

ホテルの向かいには、Coogeeというリゾート地にありながら、周囲には住宅街が広がっていることもあって、Woolworths系のごく普通のスーパーが店を構えています。リンゴは実に10種類以上、バナナやキウィやパイナップルやオレンジ、野菜類も豊富です。肉類に加えて、これら生鮮食料品の全てにしっかり刻印されているのが、“Product of Australia”(オーストラリア産)という文字列です。

続きを読む "シドニーにて:オーストラリア産" »

2008年6月 9日 (月)

シドニーにて:ロング・ホリディ

オーストラリアは、6月の第二月曜日はQueen’s Birthdayで祝日です。土・日曜日と併せて三連休になるので、“Long Holiday”と呼んで、皆、そわそわしていました(たった三日でロングなのか疑問ですが)。Queenと言えば、言わずと知れた英国女王陛下です。オーストラリアの国家元首も兼務していると言えましょうか。

因みにマレーシアでは6月の第一土曜日は国王の誕生日なので、今日はその振替休日でした。振替とは言え奇しくも両国とも女王・国王の誕生日を含む連休だったわけです。

続きを読む "シドニーにて:ロング・ホリディ" »

2008年6月 8日 (日)

イヴ・サンローラン死す

シドニーのTVニュースでも、5日のイヴ・サンローラン氏葬儀の模様が流れました。

私の興味を惹いたのは、もとよりイヴ・サンローラン氏そのものではなく(パリ・モード界は別世界であり、私の世界との接点は、余りの有名さ故、怪しげなコピー商品だったという不幸もあります)、サルコジ大統領が駆けつけたという事実でもなく、大女優カトリーヌ・ドヌーヴの姿でした。彼女の映画「昼顔」の衣装をデザインしたのはサンローランですし、彼女は現在もサンローランの香水・化粧品のイメージ広告モデルになっています。年齢のせいかややぽっちゃりしていましたが、子供の頃、なけなしの小遣いで買っていた雑誌「スクリーン」で見た大女優の華麗ないでたちを彷彿とさせ、しばし現実を離れて陶然としました。

続きを読む "イヴ・サンローラン死す" »

2008年6月 7日 (土)

シドニーにて:コーヒー・カップ

街のレストランやコーヒー・ショップで持ち帰る場合はtake-awayと言います。まるで持ち逃げするみたいで罪悪感を覚え、日本風にtake-outの方がなんとなくしっくり来るのですが、さにあらず、マレーシアでもオーストラリアでも同じ、take-awayです。逆に、店内で飲食する場合、Eat-inとかDine-inと言います。一方、アメリカでは持ち帰りの場合をto goと呼ぶのが一般的で、stay here or to go?あるいは省略して早口でHere, to go?とまくしたてられると、初めの頃は何を言っているのかさっぱり分からなくて、戸惑ったものでした。

さて、take-awayのコーヒーを頼むと、コーヒー・カップに広告が刷り込まれている場合があります。

続きを読む "シドニーにて:コーヒー・カップ" »

2008年6月 6日 (金)

シドニーにて:カフェ

シティにはコーヒー・ショップが一杯あると話したことがありましたが、今、宿を定めているCoogee(シティから約10Km南東)にもカフェが目につきます。そういったお店ではイタリア系の素敵な女性が働いているところを見ると、カフェの流行は、最近のイタリア系移民の動向と関係がありそうです。

今朝、コーヒーを求めた店には、ちょっと驚かされました。

続きを読む "シドニーにて:カフェ" »

シドニーにて:タクシー

今回の出張でレンタカーを借りることにしたのは、行動の自由を確保するのが目的ですが、シドニーのタクシー料金が、他の物価レベルに比べて割高に感じられることも理由のひとつです。シティのホテルからオフィスまで15分ほど走るだけで15~20ドル前後かかります。それでサービスが良いかというと決して良くはありません。時には、道を知らないと平然と言い放つドライバーもいます。どうして道を知らなくてタクシー・ドライバーが務まるのでしょう!?

続きを読む "シドニーにて:タクシー" »

2008年6月 4日 (水)

シドニーにて:ワイン

シドニー・オフィスのイタリア人同僚は、毎晩、一本のワインを空けるというので、びっくらこいていたのですが、かくいう私も、ふと振り返ると出張中は最低二日に一本は空けています。

続きを読む "シドニーにて:ワイン" »

2008年6月 3日 (火)

クレジット・カード詐欺

クレジット・カード詐欺は特にアジアでは頻繁に起こります。今日はその被害の話ではなく、そのため、カード会社はどんな自衛策を取っているか、という話です。

続きを読む "クレジット・カード詐欺" »

2008年6月 2日 (月)

フライト遅延

再び出張でシドニーに来ています。

もとは夜8時半にシンガポールを発ち、翌朝6時にシドニーに到着する予定でしたが、シドニーで霧予報が出たため、3時間近く出発が遅れ、告げられた出発予定時刻は11時15分・・・これでは機内の晩飯は深夜になってしまいます。

続きを読む "フライト遅延" »

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »