2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2008年6月11日 (水)

英語は難しい

「今度どこに出張するの?」「シドニー」と日本的に「ド」を入れて平板に発音したら、なかなか理解してもらえません。「ド」は聞こえないぐらいに、「ス」にアクセントを置いて勢い良く、スィッ(ド)ニーと、勢い良くしっかり発音した方がよさそうです。

続きを読む "英語は難しい" »

2008年1月 5日 (土)

不進則退

現地会社に勤める同僚から退職することを打ち明けられました。現地人の中では、断トツの幹部候補として期待していただけに、残念至極。

続きを読む "不進則退" »

2007年8月22日 (水)

馬来西亜

マレーシアは中国語では「馬来西亜」と書きます。かつて日本が占領したのはマラヤと呼ばれていた時代なので、日本語表記では「馬来」となるようです。略すと「馬」で、来日とか訪米と言うように、来馬、訪馬と書きます。

高校時代のことだから20年以上も前の話ですが、ユニークな社会科の先生がました。お歳を召されてはいましたが、ボケてるわけでもなかろうに、黒板一杯に書き終えるや否や、生徒が写し終えていようがいまいが、全部、消してしまって、え~っとか、お~っとか、生徒は抗議の叫び声をあげるのですが、お構いなし。また、外国の国名や地名は、全て漢字で書かれ、生徒が理解できようが出来まいが、これもお構いなし、教えてもくれない。初めて見たときは、インパクトありましたねえ(苦笑)。会話の中から辛うじて、これはあそこのことか・・・とかなんとか皆で想像するわけです。今ならさしずめ漢字検定のテストのようですが、亜米利加、英吉利、佛蘭西、独逸、伊太利、また巴里、倫敦、羅馬、伯林、桑港、紐育などは、当時、覚えた漢字です。全く、こういう下らないことだけは、しっかり記憶しているんですね。。。(ご存知とは思いますが、念のため、順にアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、パリ、ロンドン、ローマ、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク)

2007年6月13日 (水)

セクシー

私が会社のパソコンで使っているのは光学マウスで、赤い光の動きをトレースして位置関係を確認します。筐体はスケルトンなので、昼間っから、妖しげに赤い光を放っています。これを見たシンガポールのセールスマンが、セクシーだね!って。中が透けて見えるのがセクシーなのか、赤さ加減がセクシーなのか、良くわかりませんでしたが、ともかく、セクシーって、人に対して使うものとばかり思い込んでいたので、モノに対して形容したのがとても新鮮でした。

同じように・・・以前、「ホテル」というドラマの東堂マネージャのモデルになった実在の人物が書いた「サービス哲学」という本を読んだことがあります。詳細はすっかり失念してしまいましたが、確かに感動した印象は、ある章のタイトルに凝縮されて、しっかり記憶されています。「サービスはセクシーであれ!」

モノやサービスに対してセクシーと呼べる価値観、感性って、いいですね。

2007年6月 6日 (水)

プラトニック

どこでどう転んだか記憶が定かでないのですが、プラトニック・ラブという言葉がマレーシアでも通用することが分かって感動しました。考えてみればごく当たり前なのですが、昼食時の四方山話です。どういう意味か再確認したら、笑顔で“No sex!” 昼日中にSpeak-upされると、こちらが恥ずかしくなります。

日本では死語!?かな。

2007年5月11日 (金)

英語を学べば・・・(5)番外編

しつこく、おまけです。

サミュエル・ハンチントン教授の「文明の衝突」が話題になったことがありました。共産主義と自由主義というシンプルな対立の構図の冷戦が終わった現代社会においては、イデオロギーではなく文明が主な対立軸になる、文明と文明が接する断層線で紛争が起こると指摘され、現状、7つ(乃至8つ)の文明があると主張されました。

しかしこれでは、西欧と非西欧の違いを強調するだけの現代的レイシズムだとか、衝突を強調するあまり戦争は不可避となる終末論になってしまい、新たな敵として中国やイスラムを持ち出し、同時多発テロ以降のテロとの戦いを正当化することにならないか、などの批判が相次ぎ、クレポン氏による「文明の衝突という欺瞞」という本まで出ました。文化なり文明は、対立するだけでなく、他との接触によって、相互に浸透しあい借用しあったりする中で変化していくものであり、私たちが戦わなければならないのは、異文明ではなく、そうした世界を敵と友にわけて恐怖を駆り立てようとする政治的発想だ、というわけです。

文化なり文明については、ハンチントン教授が言う通り7つの文明の枠組みが、国家あるいは西欧・非西欧というレベルの枠組みと比較して説明しやすい面があるのは事実ですが、それぞれの文明は独自で閉鎖的であるわけではなく、開放的に相互に交流しており、単一ではなくその中で重層的であるように思います。例えば日本やアジア各国は、固有の土着的なものの上にアジアという地理的なものが重なり、更にその上に近代西欧的な文明が重なるように、必ずしも一様ではありません。アメリカ対ヨーロッパ(例えばフランス)という切り口が説得力を持つ場面だってあります。「英語を学べば・・・」の視点はまさにそこにありました。

上に挙げた本で、ハンチントン教授はアメリカを代表し(ハーバード大学政治学教授)、クレポン氏はヨーロッパを代表する(フランス国立科学研究センター研究員)と見えるのは偶然かも知れませんが、そうして一歩引いて見ると、それぞれの主張が妙に納得出来てしてしまうところが不思議です。

さてその時のアジアの視座はどこにあるか。勿論、ヨーロッパ寄り(苦笑) それはアメリカのように一国一大陸ではなく、ヨーロッパと言いアジアと言い、肩寄せ合って生きている性でもあるのでしょう。

2007年5月10日 (木)

英語を学べば・・・(4)完結編

「英語を学べばバカになる」には、アメリカだけが全てではないというメッセージが強く込められていました。例えば、日本の新聞報道はアメリカ偏重で、アジアやヨーロッパに関する情報が絶対的に不足しており、日本人の世界観をかなり歪めていると私も思います。「英語を学べば・・・」の著者が危惧するのもその点で、親しいフランスを通して、アメリカ流との違いを詳述され、アメリカ(=英語)一辺倒の危険を指摘されています。このあたりは、イラク戦争を巡って立場の違いが明確になったことで、日本人の間でも広く認識されるようになったと思います。

ペナンにいて思うのは、アジアの国々にはヨーロッパの影響が色濃く残っているということです。まだマレーシアはイギリスの影響を受けているため、同じアングロサクソンとしてのアメリカとの近さを感じますが、話される英語はイギリス英語であり、文化的にはヨーロッパ寄りと言えます(ベトナムあたりはもっと違う時間が流れているかもしれない)。Gurney PlazaにあるTower Record店頭には、アメリカ・ビルボードのトップ10だけでなく、ロンドンのトップ10もあるのを見つけた時には新鮮な感動を覚えました。アメリカ中心の海外経験しかない私が、まだアジア的な風景に馴染んでいない頃の話です。また、日本、香港、中国それぞれのトップ10もあり、マレーシアがどこを向いているのか、面白く感じたものです。こうして見ると、アメリカの影響は、ビジネス・スタイルなどの一部に限定されるかも知れません。

実は「英語を学べば・・・」の著者本人のことはよく知らないのですが、高校時代の隣のクラスの同級生だったことは覚えていて、あるこだわりを持って書いてきました。勿論、この本を批判することが趣旨ではなく、単に題材として借りながら、私の思いつきを述べているだけです。最後におさらいすると、この本には二つの局面があります。アメリカが全てではない、アメリカの対立軸としてのヨーロッパ(=主にフランス)を考えると、英語が全てではない。これは私自身の最近の実感としてもその通りでしょう。もう一つ、日本人が普通に生活する上では英語は必要ない。これも真実なのですが、私のようなマイノリティの立場から言わせて貰うと、英語でもフランス語でも良いのですが、外国との交流を通して、日本という国また日本人を外から眺めることは、これまで以上に国境を越えて人も金も情報も行きかう現代社会にあっては重要なことだと思います。自らのアイデンティティである日本を相対化すること(しかし日本人という明確な視座を持つこと)、これは世界視野で物事を見る基本的な前提条件です。「英語を学べば・・・」良いこともある・・・これは大声で叫ぶほどのものではないので、殆ど独り言なんですけど。

2007年4月24日 (火)

英語を学べば・・・(3)国際人

日本では「国際人」という言葉を聞いても特に違和感がありませんが、極めて日本的な概念のように思います。日本と同じレベルで横に広がっているイメージではなく、まるで日本の社会の一つ上位に国際社会というものが位置する、上位概念のようですが、これもひとえに言葉の壁のなせるわざなのでしょうか。しかし、逆説的ですが、自ら国際人だと思う人は、日本人の中にしか存在しないのではないかと思います。

アメリカにいて常にわだかまっていたのは、アメリカとは一体何なのか?ということでした。よくよく話してみると、アメリカ人という民族がいるわけではありません、いるのはアイリッシュであり、イタリアンであり、スコティッシュであったりするわけです。ニューヨーク・シティ・マラソンを走った時、人種の坩堝と言われるニューヨークにあっても、ユダヤ人街があり、イタリア人街があり、それぞれの文化と伝統を守って生きている人たちがいるのを横目に見て、大変、衝撃を受けました。

梅棹忠夫さんは、どこにでも移植可能な、誰の目にも見える社会の仕組み-統治・政治の仕組みから経済の仕組みまでを、文明と捉えました。同様に、司馬遼太郎さんも、文明を、誰でも参加できる普遍的なもの、合理的なもの、機能的なものと捉えました。アメリカはまさにこのような文明を体現する国家の一つですが、その文明という衣を剥ぐと、皮膚感覚として多くの異なる文化が姿を現す国でもあるということです。「国際社会」も同じことで、そこにいるのは英語なりフランス語なりの共通語を話すけれども、根本的に文化と歴史と利害を異にする民族を背負った人々の群れでしかないということです。「国際人」であるための最初で最大の要件は、それぞれの国を代表することであり、例えば「日本人」であれば誰よりも良き「日本人」でなければならないということです。無国籍・無宗教では誰からも信用されません。

このあたりの論考は、海外で生活した人にとってはどうやら共通のものらしく、藤原正彦さんの「国家に品格」を読んで大いに共鳴しました。

「英語を学べばバカになる」では、アメリカという国家のあり方に関する記述は、著者がフランスに留学され、フランスを中心とした経験をされていることによると思われますが、やや表層的に思われました。

2007年4月22日 (日)

英語を学べば・・・(2)いろいろな英語

アメリカにいた頃は、よく言われる通り、東海岸と西海岸、更に南とでは、英語のイントネーションが違うなあと、ネイティブ英語の中でのバリエーションに感心したものでした。もっと衝撃だったのは、個人的な話になりますが・・・出向して2年経ち、現地人が話す英語に慣れた頃、他社との合併話が持ち上がり、合併先の現地人と話す機会が多くなって、彼らの英語がよく理解出来ないことに気がついたのです。最初は東海岸と西海岸の差ではないかと疑ったのですが、合併先の社員の中に東海岸出身者もいて、どうやらそういうことでもないらしい。恐らく、私が出向した100%子会社の現地人は、日本人出向者にも理解しやすい英語を話すことに慣れていたのでしょう。それに引き換え純粋なアメリカ企業である合併先の現地人は情け容赦ありませんでした。これが純粋なアメリカ人の英語かと、衝撃を受けたのでした。

そして今、ペナンに来て、また衝撃を受けました。中国系マレー人やシンガポール人の英語が理解しづらい。所謂ChanglishChinese-English)ですね。Hはエイチと言ってもキョトンとされます、ヘイチなんです。オーストラリア人の英語もまた理解できない。Todayはトゥダイで、Mondayはモンダイってな具合いです。そして逆もまた真なりで、アメリカで習った私の英語が通じないことが多々あります。そもそもマレーシアはイギリス英語なので、エレベーターではなくリフトですし、お勘定はチェックではなくビルというように、使う単語が微妙に違います。その内、語尾を上げたり独特の抑揚をつけたりして、だんだん現地に同化して行くにつれ、お互いに理解し合うようになりました。私に先行して4年滞在していた日本人出向者の英語が、まるでマレー英語だと揶揄されていたのですが、周りの影響と言うより、周りに理解されるための自己防衛本能のなせるワザだったのではないかと今にして思います。

こうして眺めて見ると、世界広しと言えども、ネイティブの話す英語はごく一部でしかなくて、殆どは外国人の英語だということです。世界共通語としての地位を確立している分、話される英語は、実にいろいろ、場合によってはメチャクチャです。日本人も、余り文法にとらわれることなく、自信をもって話すことが大事だと思います。

2007年4月21日 (土)

英語を学べば・・・(1)言葉より中身

前回の続きで、確かにごく一部の人を除けば英語は余り意味がなさそうです。私の周囲を見渡しても、海外に住んでいる知人は数名、英語が不可欠な仕事をしている知人も数名、9割方は英語と無縁な生活をしています。著名な外国の本や雑誌はすぐに翻訳されますし、世界中のニュースも(アメリカに偏っていますが)すぐに流れますので、英語が理解できなくても外国の情報に触れるご時世です。

英語は目的ではなく、所詮は道具に過ぎません。英語を学ぶ意味、使う目的を明確にして、どこまで英語を学べばよいかを考えるべきものです。

海外旅行をしたい人は、学校教育で学んだ英語をベースに、ごく簡単な日常会話を操れば用が足せます。ビジネスマンでも、普通の学校教育を受けていれば、2~3年従事すれば、契約交渉や込入った話を除いて、それなりにビジネスの会話が出来るでしょう。いずれにしても、話す目的が明確で領域が限定されているため、想像力が働きやすく、日本人でもなんとか会話が成り立ち得るのです。このあたりまでは、S字の成長曲線のちょうど踊り場までの部分で、ちょっと努力すれば到達出来るレベルであり、時間をかけるほど上達が目に見える部分です。

問題はその先にあります。

帰国子女でもない私のような一般の日本人にとって、何が辛いかと言うと、カクテル・パーティやディナーでの会話ほど辛いものはありません。なにしろ何が飛び出すか分からない。昨晩のTV番組のことかもしれないし、最近の株価の動きのことかも知れない。週末に見た映画のことかも知れないし、昨日のアブドラ首相の発言かも知れない。ここで問題になるのは、言葉そのものの難しさもさることながら、その背景にある政治・経済・社会・文化、いわば生活そのものです。生活が重なる部分が少なければ、会話はなかなか成立し得ません。更にこの生活の部分は、話の伏線に聖書の一節がからめてあったり、アメリカで言うなら「マザーグース」のストーリーが一般教養としてベースにあったりと、重層的であるところが厄介です。我々日本人同士の会話を思い出しても分かると思います。この部分は、帰国子女か、長い駐在員生活か、セカンドライフでもない限り、分かり合うことを期待しても無駄でしょう。

そうだとすれば、英語学習は、せいぜい踊り場部分までにとどめておいて、後は、外国人が興味をもちそうな専門知識を磨くか、地域性に依らない幅広い教養を身につけた方が、外国人との付き合いでは重要です。私の数少ない経験でも、帰国子女の流暢な、しかし上滑りの英語より、たどたどしくても聞く価値がある内容を話す人に、外国人は耳を傾けるものです。