2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書日記

  • あさのあつこ: バッテリー
    マンションのプールで子供たちを遊ばせながら、デッキチェアで寝そべって読むにはもってこいの軽さです。本の物理的な重さだけでなく、大人に読ませる児童書、とでも呼ぶのでしょうか、野球を軸にした物語で、スポ根でもなく、チーム愛とか友情を前面に出すわけでもなく、そういうところとはかけ離れたところから始まっているところが良かったし、なんとなく心のどこかで考えさせられるところが、適度な軽さでした。続きがつい読みたくなります。
  • 小阪修平: 思想としての全共闘世代
    この酔狂なテーマに接して、どのような視点をもてるかは、何年に大学に入学したか、学生運動のどの段階の経験・知識をもつかで変わってくると、著者は言いますが、まさにその通りでしょう。私は、全共闘世代の著者より15年も年下で、学生運動と言っても辛うじて余韻を吸っただけ。他の大学より、よほどその残り香は濃厚に残っていたので、私の世代の中では、より深いシンパシーを感じている方だと思いますが、それでも、かなり観念的です。実際、私自身は、育った時代が進歩的知識人全盛の頃だったので、その反発から思想的には保守寄り、伝統的な自由主義者で、学生運動への共感というのは、政治的な主張や思想的な面よりも、むしろ若者らしい現状への不満と変革への情熱に対するものと言えるかも知れません。それは、キューバ革命におけるゲバラに対する共感に近い。彼を衝き動かしたのは左翼思想ではなく、純粋な民族主義でした。もし著者と同世代だったら、私自身、どうなっていたか、ちょっと興味があります。そんな時代を懐かしむだけの本ではあるのですが、それを羨ましいと思わせる内容ではありました。 学生運動真っ盛りの頃、本当に革命が起こるのではないかという気分になったと述懐する人がいます。確かに、この本でも、初期(60年代前半)には市民の共感を得ていたとありました。先鋭化(武装化、過激化)して、一般学生からさえも支持を失って行った、そのあたりは別の論考になるのでしょうが、なんとなく学生が敏感に反応するところを、大人としても支持してあげたい時期があったことは、分かるような気がします。社会自体も、若かった。私にとっては、もはや歴史的事実として見てしまうからかも知れませんが、高度成長を遂げつつあるという、ある意味で歴史の転換点では、人々の意識も今ほど画一的ではないでしょうし、いろんな制度上の矛盾も噴出していただろうことは想像できます。そんな世の中の、雨降って地固まる前の、不安定な動きの中で、まだ共産主義への憧れが、幻想ではなく人々に情熱をもって抱かれていた、そうした不穏な時代の雰囲気は、なんとなくわくわくします。今だって、ある意味で歴史の転換点であり、変革の情熱を行動に移して行かなければならないのでしょうけど、私も社会も、ちょっと齢を重ねてしまったかもしれません(笑) 今、革命が起こるとは思えませんが、あり得るとすれば、若い情熱が発火点になるように思います。 (★★★★)
  • 藤原正彦: 国家の品格
    「蛙飛び込む水の音」という歌に対して、外国人は一匹じゃなくて何匹も飛び込む様を連想してしまうものらしい。自分の感性はやはり日本人だと、最近つくづく思うので、そのあたりはまさにフィットしました。ちょっと宗教に関しては認識不足じゃないかと思われるところもありますが、だいたい海外経験がある人なら、そうそう、その通り、よくぞ言ってくれら、というようなことが書いてあります。それから、論理じゃなくて感情、論理の出発点も結局は感情が規定するというのも、「われ思うゆえに我あり」のデカルトを持ち出すまでもなく、数学者なのに(数学者ゆえに?)、よくぞ言ってくれたと思います。話題になっただけあって、期待を裏切られない面白さです。 (★★★★★)
  • 加藤廣: 信長の棺
    本能寺の変の後、ついに見つからなかった信長の遺骸を追うという謎解きだけでも興味津々ですが、著者がサラリーマンを辞めて執筆した75歳の新人作家というのも興味津々です。よく史料を調べてあるということと、太田牛一という右筆(実際には違う説もあるようですが)を主人公に、著者自身を投影し、歴史上の疑問点のもちよう、推論を進める様は、なかなか面白い設定です。著者がコンサルタント的な業務に携わってきたことと無縁ではないでしょう。でも、難を言えば、ストーリー展開上、さんざん前半では引っ張っておきながら、最後の謎解きを一人の登場人物に淡々と語らせてしまうのは、あまりに安直です。それでも、ひととき、すべてを忘れて没頭できたので、よしとしましょう。信長というと、大河ドラマの館ひろしの顔が浮かんで困ってしまいましたが・・・^^; (★★★★)
  • リリー・フランキー: 東京タワー
    著者とは同世代に属するので、時代背景が重なって、とても身近に感じつつ読み進めました。結構あからさまで大胆な描写や、所謂マザコンぶりが淡々と綴られるわけですが、それをそうと感じさせない独特のリズムがあるのは、一つには、村上龍の「69」が長崎弁に救われていたように、ここでは福岡弁?に救われているからでしょうか。全編を通してほのぼのとした雰囲気を醸し出して、いい感じです。それからもう一つには、彼の率直さと曇りの無い目線のゆえでしょう。それにしても、自ら振り返り、母親の愛情の深さとか、それに応えようとする息子の気持ちは良く分るのですが、あらためて親子のありようは人それぞれだと(当たり前ですが)しみじみ思いました。なお、100万部を越えるベストセラーだと言うのは、ちょっと驚きです。この軽さは悪くないのですが、なんとなく三島由紀夫のような本格小説を読みたくなってきました。 (★★★★)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2008年2月28日 (木)

コピ

キャノンとかリコーとかゼロックスのコピー機のことではありません、マレーシアのコーヒー、コピのことです。

仕事が立て込んで疲れ気味の朝、スタバに立ち寄り、スタバのコーヒーで我が身をいたわるのが、ささやかな楽しみの一つなのですが、それを見た職場の同僚は、わざわざスタバのコーヒーを買うなんて勿体ない、ペナンのコーヒーショップのコーヒーを是非試してみろと言います。1リンギッちょいだぞと。だって甘いだろ?と突き放そうとすると、否、砂糖抜き・ミルク抜きも指定出来るから、是非試してみろと、余りにうるさいので、一度、昼休みに買って来てもらうことにしました。

続きを読む "コピ" »

2008年2月27日 (水)

スタバ指数

ビッグマック指数について聞かれたことがあると思います。購買力平価を議論する時には、必ずと言ってよいほど挙げられるテーマで、実際にWikipediaで購買力平価を引くと、ビッグマックの価格で各国の購買力を比較し算出した購買力平価のことをビッグマック指数と言い、イギリスの経済誌エコノミスト(The Economist)が発表したのが起源だと触れられています。さらにWikipediaのスターバックスの項によると、同じくイギリスの経済誌エコノミストが、スターバックスのトール・サイズのラテ価格を比較したトール・ラテ指数を発表したとあります。

ここ半年の間、私が訪れた街で、スタバが一体いくらで販売されているのか、せっせと価格情報を収集している内に、エコノミスト誌には先を越されてしまいましたが(笑)、以下の通り比較してみました。

続きを読む "スタバ指数" »

2008年2月26日 (火)

スタバ物語・再び

先日、機内誌のスタバ広告で、ペナン州に10箇所の出店があることを知りました。さてペナン在住の方は、いくつ思い出せるでしょうか?

続きを読む "スタバ物語・再び" »

2008年2月 5日 (火)

ペナンのブラジル料理:68 Kelawei

以前から気になっていたのですがなかなかチャンスがなく、今日、ひょんなことから同僚と連れ立って食べに行くことになりました。正確に言うと、ブラジル料理も出てくるイタリアン・レストランで、その取り合わせが、なんとも不思議ですね。

続きを読む "ペナンのブラジル料理:68 Kelawei" »

2007年12月20日 (木)

味千ラーメン

先日、子供たちと、噂に聞いていた味千ラーメンを食べに行きました。ガーニープラザの地上階、Gホテルとの間の、すし金の並びにあります。熊本がオリジナルで、国内に108店舗、海外にはその倍以上の221店舗(米国、カナダ、オーストラリア、中国、香港、シンガポール、タイ、インドネシアなど、今年10月末現在)を展開している経営方針には、些か興味があります(同社ホームページhttp://www.aji1000.co.jp/)。

さて、肝心の味は・・・

続きを読む "味千ラーメン" »

2007年12月19日 (水)

加哩魚頭(Fish Head Curry)・続

今日は、香港出身でシンガポール単身赴任中の同僚が出張でペナンに来ていて、ホテルまで送るついでに、ガーニー・ドライブ沿いのFish Head Curryを食べに行きました。屋台街の並びにある「レストラン77」という、以前から気になっていたところで、Famous Curry Fish Headと謳っている通り、ちょっと上品な盛り付けに、辛いには違いないのですが、まろやかさのある味わい深いカレーが美味しい。因みに77というのは番地で、写真手前はオープン・スペースですが、右手奥にはエアコン付き部屋があります。

それにしても魚の頭が大きいのにはいつも驚かされます。胴体の肉はどこに行ったのか?と冗談で話していたのですが、恐らく、以前は切り捨てられていただけであった魚の頭をタダ同然で買ってきて、暑いペナンで鮮魚の傷みを抑えるために(あるいは臭みを隠すために)カレーで味付けして売る人が現れて、それが受け入れられた・・・というのがそもそもの始まりなのだろうと想像されます。実際に、マレーシアやインドネシア料理では、魚は揚げる(Deep Fried)か香辛料を一杯効かせたカレー風味が多いのは、傷みを防ぐ工夫なのだろうと思われます。

日本人がカレーのネタとして思い浮かべるのは、ビーフかポークかチキンかマトンか、はたまた海鮮と名が付いても貝やイカがせいぜいで、魚というのはピン来ませんが、意外な取り合わせで、現地人の間でも根強い人気で、私的にもなかなかのヒットです。

20071218_001 20071218_002

2007年12月17日 (月)

加哩魚頭(Fish Head Curry)

現地の人たちに誘われるまま、日本からの出張者を連れてCurry Fish Headを食べに行きました。だいたい仕事上の知り合いと、晩飯でも・・・とか、酒でも飲みましょう・・・というのは、極めて日本的な習慣のようで、欧米だけでなくペナンの人だって家族との時間を大事にするので、食事するなら、昼がいいのです。

場所は、いつもの垢抜けたレストラン街とは逆方向の、地元の人が集まるごく普通の屋台ですが、Fish Head Curry(中国語では加哩魚頭)は予約しなければならないほどの人気なのだとか。魚の頭を、トマトや玉ねぎやオクラやチリ(唐辛子)や豆腐とともにカレーで煮込んだもので、ドンと中央に鍋が置かれ、皆でつついて、猫マンマにして食べます。唐辛子の辛さが強いのですが、さまざまな香辛料や独特の味付けで、ちょっとクセになりそうです。

20071212_001 20071212_002 20071212_006

2007年7月23日 (月)

ペナンの肉骨茶

肉骨茶と書いてバクテーと読みます。お茶ではなく、屋台で食べるマレーシアの有名なスープ鍋です。豚肉やモツを中心に、椎茸やニンニクを漢方薬と一緒に煮込んだもので、真っ黒になるまでこってりと漢方薬が沁み込んだクセのある味から、あっさりクリア・スープまで、好んで肉骨茶巡りをしているわけではありませんが、屋台によって味もいろいろ。昨晩は、家族の夏休みの里帰りを空港まで見送った後の帰り道、お気に入りの屋台で遅い晩飯を取りました。

愛想のないバアチャンが出迎えます。肉骨茶一人前、ご飯付き、それにマクドナルドよろしく、野菜料理はどう?と野菜を指差して聞いてくるので、油ギトギトなのは承知でレタスの炒めものも併せて注文します。飲み物は?ビールを代わりに注文してもらいます。そう、こちらの屋台はホッカ“センター”と呼ばれるように、いろいろな屋台が軒を連ねた屋台街で、飲み物は、その場所貸しをしているオーナーが独占的に取り仕切っているのです。

名物のタイガー・ガールがビールを持って来てくれます。ミニスカートにぴちぴちのタイガー・ビールのシャツを着ているところは、ビール会社が派遣するプロモーターを思わせますが、そこのホッカ・センターで雇われている従業員に過ぎません。というのも、夜の闇に紛れて、遠目には見分けがつきませんが、目の前にやってくると、ガールと言っても40~50歳のオバチャンであることがほとんどだからで、初めて見た時は驚いて目を見張ったものでした。今では、日本からの出張者を連れてきては、その反応を楽しみます。スーパーで買えば5リンギッ前後の小瓶が7リンギッ。

肉骨茶は土鍋でやって来ます。ここは漢方薬臭さを抑えたクリア・スープで、ダシを利かせているのが僕好みです。ニンニクを丸ごと煮込んで香りたっぷりな上に、刻みニンニクの小皿がついて来るので、それも一緒にぶち込みます。そのまま蓮華ですくって食べてもいいし、ご飯にかけて猫マンマにしてもいい。台湾の屋台でよく粥に入れて食う油条(ユーシャオ)を、ここでは肉骨茶に入れて、ふやけるほどに味を沁み込ませて食べると、美味い。レタス炒めと込みで13リンギッ。

帰り際、バアチャンに、家族が日本に帰ったから、また来るねと伝えると、火曜日は休みだよと、にーっと笑いかけてくれました。調理している娘とおぼしきネエチャンは美人なのに、本当の親子なのだろうかと、いつもの疑問を胸に、帰路についたのでした。

2007年7月20日 (金)

ペナンのシーフード・レストラン

今日は、日本からの訪問者を連れて、「Bali Hai」に行きました。ガーニー・ドライブ沿いの屋台街の並びにあって、オープン・スペースに水しぶきを扇風機で飛ばして、あたかも屋台のような外観ですが、水槽に鮮魚がうじゃうじゃいて、ガルーパやゴルビーといった地元の魚から、お化けのように大きいマテ貝や、オーストラリアのロブスターまで、選んで調理してもらえるのが売りの、れっきとしたシーフード・レストランです。まだ二年と経っていませんが、味の良さでは現地人の間でも定評があり、でもちょっと高いね~と一言コメントがつくほど、ちょっと高級の部類に入りますが、広東風の魚蒸しのようなオーソドックスなものから、マテ貝の刺身(なかなかの絶品!)や、カニや牡蠣のグラタンなどの一品料理まで美味で、思わず食べ過ぎてしまうほど。中国人のように大勢でテーブルを囲んで、わいわい皿をつつくのが良い。

お気に入りシーフード・レストランと言えば、「オーシャン・グリーン」を外すわけには行きません。ここは「地球の歩き方:ペナン・ランカウィ編」にも載っている店で、ホテル内レストランが殆どの同レストラン・ガイドの中では独立店として異彩を放っており、それほどベラボウに高くなくても美味いのが魅力です。砂浜に面していて、子供たちが、料理を待つ間、気軽に海岸を散歩できるような絶好のロケーションで、マラッカ海峡に落ちる夕陽を眺めながら、のんびり美味いシーフード料理に舌鼓を打つ・・・人として生まれて、これほどの至福の時は他にはないと思わせます(ちょっと大袈裟)。ここも小さいながら水槽があって、新鮮な地元の魚やロブスターや各種カニ・貝類を選んで調理してもらえるので、私はここで地元の魚の味を順番に勉強しました。

ほかに、ガーニー・ドライブの突き当たりに「オリエンタル・シーフード」という店があり、水上にせり出している構造が珍しいせいか観光バス・ツアー客でいつも一杯ですが、若干塩味が濃いような気がしたのと、料金体系が高めに設定されていて、味と価格のコンビネーションに関しては、上に挙げた二つのレストランを凌ぐものではありません。

所詮はペナンですから、どこのどんなレストランに行ってもシーフードを楽しむことが出来ます。ここでは敢えてシーフード・レストランというタイトルに拘って、以上の三つのレストランを挙げてみました。

2007年5月29日 (火)

ペナンの日本食レストラン

先日、日本人の同僚と連れ立って、ガーニー・プラザ横のGホテルに最近オープンしたばかりの日本食レストラン「味楽」に行きました。「すし金」も経営するTEXCHEMの高級日本食レストラン部門だけあって、寿司のネタが新鮮で、寿司ばかり食べてしまうほどでしたが、一品料理もまずまずで、冷えた醸造酒をちびちびやりながら、一同、すっかりご満悦でした。

最近オープンしたという点では、アイランド・プラザ斜め向かいの「龍馬」も、なかなかしっかりした味で、顧客同士が見えないように座席を配置している内装も凝っていて、評価が高いレストランの内の一つです。ロケーションがややダウンタウン外れにあるハンディはありますが、元ジャズ・シンガーだったという異色のオーナーのもと、日本の料亭で永らく腕を揮ったという日本人シェフによる本格的な日本の味をゆったり楽しめるのは魅力です。関西人の私としては、お好み焼きが美味かったのが特筆モノ。

いずれも、酒まで飲み食いしていると一人当たり100リンギッ(3000円)するほどの高級店ですが、日本食の高級店ということでは、Cititelホテル・ロビー階にある「霧島」を外すわけには行きません。浮き沈みが激しいペナンにおいて、老舗の部類に入りますが、ペナンにおける日本食レストランと言えば「霧島」と言われるほど、寿司や一品料理で、日本食の水準を高いレベルに保って来て、日本人に憩いの場を提供して来てくれました。座敷はありませんが、居酒屋風の店内で、個室(テーブル)での会食も可能です。ペナン通りというペナン随一の目抜き通りに面していて、Garageという若者の溜まり場とも目と鼻の先で、二次会にも困らない絶好のロケーションです。

アイランド・プラザ向かいにある「すみ田」は、バツー・フェリンギにあるムティアラ・ホテルの日本食レストラン出身シェフが独立した店で、小ぢんまりとした雰囲気良し、盛り付けや皿は、居酒屋と言うより小料理屋の風情で、日本の食を楽しめます。是非とも寿司や刺身を試して頂きたいものですが、関西人の私としては、うどんが美味いのが何より嬉しい。

もう少し庶民的な日本食レストランとしては、Burma通り沿いにある「霧島」系列の「日本屋台村」は、美味い日本のラーメンが食べられる店として人気があります。味噌、しょう油、塩だけでなく、トンコツや何故か和歌山ラーメンまであります。私のマレー人上司やかつてのシンガポール人社長も贔屓の店でした。店内は、回転寿司があり、それ以外は居酒屋風ボックス席になっており、くつろげます。

もう一店、日本人経営ではありませんが、「すみ田」と背中合わせにある「味のれん」は、店内こそ日本の土産物で飾りつけ、如何にも似非日本食レストラン風なのですが、意外に味は良く、何よりプライス・パフォーマンスが高い(すなわち安い)のが魅力です。昼のセット・メニューも充実していて、我が家も週末の昼に贔屓にしている店の一つです。

以上、6店を紹介しましたが、Burma通り沿いにはまだまだお勧めの店が一杯あります。「樹林」は、「霧島」出身シェフが腕を揮う、しっかりした日本食レストランですし、同じくBurma通り沿いの「春日」は、刺身メニューはありませんが、焼き鳥が美味く、メニュー豊富なのが魅力です。「日本屋台村」の並びにある「宮坂」は、エクアトリアル・ホテルにある「勘八」レストラン出身シェフによる懐石レストランで、セット・メニュー中心で、単品メニューが少ないのが呑兵衛には物足りないかも知れませんが味は良い。「紫」は、Burma通りから少しだけ引っ込んでいますが、日本の居酒屋かと見紛うほど日本人サラリーマンの溜まり場になっています。ホテルにある日本食レストランには、「霧島」のほかにも、エクアトリアル・ホテルの「勘八」など、さすがに味も値段も本格的ですし、最近リニューアル・オープンした代表的リゾート・ホテルのラササヤンには噂に聞く「和歌」というレストランがあります(まだ試したことはありません)。

狭いペナンの街でも、日本食レストランはゆうに20を越えます。これらは基本的に筋が良い方の日本食レストランと言えますが、例えばアメリカにいた頃、Japanese Foodと言う看板だけで単価を高く設定できるとあって、韓国人や中国人が経営する“もどき”のレストランが結構ありました。最近、政府が海外の日本食レストランの認定制度を検討しているというのも、そうした背景があります。しかし味は、本来、日本国政府が認める次元のものではなく、市場において淘汰されるべきものです。我々自身の舌が試されるのであって、しっかりとその味(とサービス)を見定めて行きたいものです。